未来の会社員の生き方は会社内外から求められる価値を磨く

 
これからのサラリーマンの生き方は会社内外から求められる価値を磨き上げること

この記事を書いている人 - WRITER -
「自分自身の人生を歩む素晴らしさを伝える」をミッションに、会社に縛られない生き方を推奨しています。 ウェルスダイナミクスを活用して、会社内で価値を磨きながら会社外でビジネスを始める方法を伝えています。
詳しいプロフィールはこちら

 

ここ最近はサラリーマンの働き方がどんどん変化していることに目がいってしまいます。

インターネットに転がっているニュースにはそんな話題で一杯です。

 

それだけ、時代が変化し、サラリーマンにとっても新たな時代が迎えてきているんだと思います。

でも会社と家の行き来だけをしているとそれを実感することがなかなかありません。

 

ウチの会社は大丈夫と思っている人ほど、早めに動き出すことが大事です。

なぜなら僕自身がそうだったからです笑

 

今回はその変化が著しくなってきた今だからこそ早めにやらなければならないことについてお伝えしていきます。

 

時代の変化に伴い、サラリーマンの働き方にも改革が必要

 

ひと昔前であれば初めて入社した会社で定年まで働くことで、定年後は年金と退職金だけで生活することができていました。

 

経済成長がどんどん伸びている時代では会社で働いている従業員の生活の保証をすることができたのです。

 

しかし、今はそんな時代ではなくなったことは誰しもが感じていることだと思います。

 

年金がもらえる年がどんどん先延ばしされ、退職金も予定通りもらえるかどうかもわからない。

それどころか、今勤めている会社が定年を迎えるまで残っているかどうかもわかりません。

 

そんな流れもあって、最近は「一つの会社だけで働く」から、

「転職や副業を通して複数の仕事を経験したり、会社外での活動を行なっている人」がどんどん増えてきています。

 

政府も後押しをしており、会社以外の仕事をすることを認める会社も出てきました。

 

但し、注意しなければならないことは先ほど挙げた転職、副業などをすることで成功を収めている人がどれだけいるのかという点です。

 

実はどちらも成功する確率はそれほど高くありません。

動き出したからと言っても必ずしもうまくいくわけではないのです。

 

転職、副業に役立つ価値を認識する

 

転職にしろ、副業にしろ、うまく成功している人にはある特徴があります。

 

それは新たなフィールドでも役立つ武器を身につけていることです。

 

会社という今までいたフィールドとは違うフィールドに立つわけですから、新しいフィールドでも活かせる武器を持つことが欠かせません。

 

ではどのようにその武器を身につければいいかと言うと

 

一つは「会社の中で武器を身につけていくこと」です。

 

会社にはいろんな部署の仕事がありますし、同じ部署の仕事でも役割によって学べることは変わってきます。

 

でも今の会社の仕事は特殊すぎて他では役立てるものがないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

実は僕も以前まではそう思っていました。

 

しかし、案外こんなものに価値があるんだと思うことも多々あるのです。

価値がないと思っていたものが他の人にはないスキルだから是非欲しいということもあるのです。

 

自分では当たり前にできることが、それをお金を払ってでも欲しいと言っていただけたらとても嬉しいですよね。

 

そんな武器を見つけ出すことができれば、今の会社の中ではもちろんのこと、転職や副業などでも生かして成功させていくことができます。

 

 

会社の役に立つ人材になること=武器を身につけること

 

自分の武器を見つけ出すことができたら、次はそれを他の会社や人に提供できる価値まで磨いていくことが大事です。

 

社内で役立てられる武器を磨き上げることで、他社や社外でも役立てられるようになります。

 

一旦自分の武器を認識することで、会社の仕事に対しても今まで以上に集中して取り組むことができるようになります。

 

会社のお役に立てられることで自分が困らない武器を身につけていくことにも繋がっていくのです。

 

武器が磨かれれば磨かれるほど、会社にとってもどんどん重宝されていくのでまさに一石二鳥ですね。

 

 

最初にやるべきことは武器を見つけ磨き上げること

 

武器を磨いていくためには、自分にはどんな武器があるのかをまずは知らなければなりません。

 

しかし、これは本人ではなかなか気づくのが難しいことでもあります。

また、見つけ出していくためには、忘れていた過去を思い出していくことが大切です。

 

その際に良質な質問があれば、過去の記憶を意図的に思い出させることができます。

 

自分の過去を思い出させる質問を問いかけることで、記憶の隅にあった答えを見つけ出すことができるのです。

 

武器さえ見つけ出すことができれば、あとはそれを伸ばしていくことに集中すればいいのです。

 

自分にはどんな武器があるかを認識することはとても大事なことなのです。

 

まとめ

 

今回は会社から自立した人生を送るために必要なことをお伝えしてきました。

まずは、自分にはどんな武器があるかを認識することが大切です。

 

そして、その武器を会社の中で磨き上げていき、会社外からも求められるレベルまで持っていくこと。

 

そうすることで、会社に対しても、自分に対しても良い結果をもたらすことができます。

 

この機会に改めて自分にはどんな武器があるのかというのをぜひ考えてみてください。

もしかしたら今まで知らなかった自分の魅力を見つけるきっかけになるかもしれませんよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「自分自身の人生を歩む素晴らしさを伝える」をミッションに、会社に縛られない生き方を推奨しています。 ウェルスダイナミクスを活用して、会社内で価値を磨きながら会社外でビジネスを始める方法を伝えています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© リーマンダイナミクス , 2019 All Rights Reserved.