複業クエスト運営者プロフィール

プロフィールページをご覧いただきありがとうございます!

 

複業クエストの運営者JUNICHIのプロフィール

当ブログを記載している運営者情報は下記になります。

  • ブログ運営者:JUNICHI
  • 2004年に札幌の大学を卒業し、関東のメディア系下請け会社へ入社。
  • 2007年に2度の転職後、札幌のメディア系企業へ就職。
  • 10年以上技術職を従事後、編成制作部へ異動したり、複数の副業をもこなす。
  • 現在は習慣化コーチとして活動中。

 

主な発信媒体

 

保有資格

など

 

JUNICHIのミッション

「自分自身の人生を歩む素晴らしさを伝えていく」をミッションに掲げ、環境や人の意見に左右されず、自分の意思で人生を築いていく大切さを伝えています。

 

複業クエストの運営目的と主に伝えていること

当ブログの運営目的と主に伝えていることについてお伝えします。

JUNICHIが伝えていること

僕自身会社の売り上げ減に伴い、副業を始めたことによって、会社の中だけでは決して体験できないさまざまな経験をさせていただきました。

そして本業だけではなく、副業からの収入も得ていくことによって、会社に縛られない人生を送れることも実感しています。

 

またその際に重要なことは、本業も副業も両立していくためには、良い習慣化を取り入れていくことが欠かせないことです。

 

当ブログで伝えていること

当ブログでは、主に会社員の方に向けて、下記のことをお伝えしています。

  • 自己理解を深めて、人生に活かす方法
  • より良い習慣の身に付け方
  • やりがいのある仕事の見つけ方、取り組み方

 

その中でも「自己理解」×「習慣化」を軸に現在は活動をしています。

会社員の仕事をしている時も、副業の仕事の時も、自分のことを客観的に理解しているのとそうでないのとでは物事の活かし方や捉え方が全く変わってきます。

また、自分に合った習慣化を構築できるようになると、目指している目的・目標に向かって着実に前へ進んでいくことができます。

 

僕は習慣化を日々の生活に取り入れてきたことで、学生の頃から現在の社会人までに下記のようなことを積み上げることができました。

日々の習慣化で積み上げてきたこと

  • 学生時代、社会人にそれぞれ難関資格を取得
  • 新卒からの短期間で2回転職し、希望する会社に就職
  • 全くの素人から始めてフルマラソンを2度完走
  • 本業と副業の両立
  • 管理職への昇進と希望の部署への異動

振り返ってみると、良い習慣の日々を過ごしたこともありますが、それとは逆に全く成果に繋がらない日々を過ごしてきたこともあります。

 

では、ここからは僕自身がこれまでどんな日々を過ごして現在に至ったかについて紹介させていただきます。

 

大学在学中に合格率10%の難関資格に挑戦

大学在学中に合格率10%の難関資格に挑戦

高校生まではほとんど勉強をしてこなかった僕は、札幌の私立工業系大学へ進みました。

当時、子供の頃からテレビが好きだったこともあり、将来は地元のメディア系企業へ就職することを目標としていました。

 

しかし、当時はメディア系企業の競争率が高い上に、採用試験をしていない年がほとんどで、狭き門であることはわかっていました。

僕が進んだ私立大学は、私立の中でも偏差値は下のレベルでもあったため、このまま就職活動を行なっても目標としている企業へ就職することは困難であることは明白でした。

 

目標を設定し、資格を取得するための計画を立てる

そこで、大学在学中に就職に有利に立つ武器を手に入れるために、メディア系企業で求められている資格「第一級陸上無線技術士(一陸技)」を取得することを目指しました。

現在は一陸技の合格率は30%前後となっていますが、僕が受けた当時は10%前後の合格率。

難易度も大学卒業レベルであったため、参考を購入して勉強を始めましたがわからないことだらけです。

 

1日1,2時間ほど勉強をしていても合格できるとは思えなかったので、1日4,5時間は勉強するための計画を立てました。

 

資格勉強のために図書館に通う日々

大学の授業は日によって違うのですが、資格勉強を始めた大学2年生の時はだいたい15時〜17時ぐらいまで授業を受講していました。

授業を終わってから資格の勉強をするという流れを組んでいたのですが、自宅に帰るとテレビや友達と遊ぶなどの誘惑があり、なかなか勉強が捗りません。

 

そこで、授業が終わったら、そのまま大学内にある図書館へ向かい、資格の勉強をするという流れを作りました。

図書館では本を読みに来ている人はもちろんのこと、大学の勉強などをしている人もいます。

テレビもないし、大学の友達も図書館には通っていなかったので、資格の勉強をするための最適な環境が揃っていたのです。

 

1.2時間勉強をしたら、休憩がてら図書館内を散歩したり、他の本を読んだりと気分転換し、また勉強をするということを繰り返していました。

 

成長を実感し、徐々に勉強する習慣を身に付けていった

最初はわからなかった問題の内容も何度も繰り返し解いていくことで、徐々にわかる問題も増えていったこともあり、どんどん資格の勉強をすること自体を楽しめるようになりました。

そうなると、図書館だけではなく、家でも勉強するようになり、合わせて1日4.5時間は勉強する習慣を身に付け、半年ごとに行われる試験に挑み、3度目の試験で一陸技の資格を取得することができました。

 

この資格を取得したおかげで、今後の就職や転職活動でも有利に活かすことができました。

 

2度の転職で念願の地元メディア系企業へ

2度の転職で念願の地元メディア系企業へ

一陸技の資格を武器に、大学4年生の時に就職活動に励みました。

しかし、当時は就職氷河期ということもあって、北海道内では希望していたメディア系の会社では募集がありませんでした。

理系以外の学力がそこまで高くなく、面接も苦手としていたので、メディア系以外の地元での就職試験をいくつか受けましたが全滅でした。

 

周りは徐々に内定が出ていた6月頃から、北海道内にこだわらず、道外の企業に目を向けて就職する幅を広げていきました。

当時はアナログテレビからデジタルテレビへの移行時期でもあったため、関東を中心にデジタル設備を構築している最中です。

 

そこで、一つの案が思い浮かびました。

関東の企業でデジタル技術を学び、ゆくゆくは札幌の企業へ転職するという計画を立て、関東のメディア系企業に絞って就職活動を行いました。

その際にある一社が大学在学中に取得した一陸技の募集を行っていたため、その企業の採用試験を受けて見事に合格をいただきました。

 

デジタル技術を学びながら、転職活動を進めていく

就職した会社では4月に社会人研修を行い、翌月からはメーカー工場へ出向することになりました。

工場ではデジタル系設備の組立作業の真最中で、約1年間半の間、設備機器の調整作業などの業務に従事しました。

 

そして第2新卒である2年目からは転職活動を始めました。

この頃から世の中的にも就職氷河期が落ち着いて、少しずつ新しい人材を採用する企業が増えていきました。

 

僕が目指している札幌のメディア系企業も採用試験を行い始めたので、いくつかの企業の試験を受けて、2年目の冬ごろに札幌の某企業から内定をいただき転職することができました。

 

3社目のメディア系企業では正社員での採用となった

2社目の会社は求めていたメディア系企業ではあったのですが、契約社員での採用であったため、引き続き転職も視野に入れながら活動していました。

そして、某メディア系企業で正社員の募集を見つけたため、採用試験を受けて転職することができました。

 

3年の間に2度も転職することになりましたが、これができたのも大学の時に一陸技の資格を取得したのがとても大きいかったです。

また、1社目の会社の時には通勤時間(片道1時間半)を活用して、基本情報処理技術者の資格を取得しながら、転職活動を行ったのも良い時間を活用できたと思います。

 

転職については下記のページでも詳しくお伝えしています。

転職を繰り返す人必見!自己分析を習慣化してキャリアを成功させる方法
参考転職を繰り返す人必見!自己分析を習慣化してキャリアを成功させる方法

続きを見る

 

本業の仕事をしながら、副業もこなす

本業の仕事をしながら、副業もこなす

2024年現在では副業をすることが当たり前の時代になりました。

僕も副業を始めたのが6〜7年前からなので、当時から比べると会社からの理解度も得やすくなってきています。

 

副業を始めたい、すでに動き出しているという方もいらっしゃると思います。

ここで、僕なりの本業と副業をどう両立していくかについてお伝えしたいと思います。

 

本業も副業も熱中できるものが見つけられると仕事が楽しくなる

僕は本業のお仕事はこれまで3社経験しており、3社ともメディア系の会社に所属していましたが、仕事内容は若干変わってきています。

1社目はメーカー工場での放送システム構築やメンテナンス

2社目は放送局の番組やCMの送出監視

3社目はメデイア系の技術職全般

 

そして、現在は3社目の会社で技術部から編成部へ異動し、コンテンツ作成の部署で働いています。

1社目よりも2社目、2社目よりも3社目、そして3社目の技術部よりも編成部の仕事と、どんどん仕事が楽しくなってきています。

「一発目から最上の仕事をするんだ!」と意気込むのもいいのですが、そうすると自分探しの迷路に迷い込んでしまいがちになります。

 

そうではなくて、現状での最適な選択を常にしていくことを意識して進めていくことで、一歩ずつより良い環境を作り出していくことができるようになります。

本業の仕事が充実すると、副業の仕事にも良い影響を与えることができます。

 

副業も自分ができることから始めて、より良いものを模索していく時期が必要

副業も本業の仕事への取り組み方と同じ考えで進めていくといいです。

このブログでは、やりたいことややりがいのある仕事の見つけ方をお伝えしています。

 

ただ、これはあくまでも現状の中で最適なやりたいこと・やりがいのある仕事の見つけ方です。

もし、ブログでお伝えしている内容で見つけられないのであれば、現状の中でやってみたいこと、興味あることに触れていくことが大事になってきます。

僕自身もこれまで興味があるいくつかの副業に取り組んできました。

 

その中でも最適なものを残しつつ、より良いものを常に探しています。

そうすることで、本業と同じように楽しみながら仕事をしていけるものにたどり着くことができるようになります。

 

ここでは、僕が副業をする際に意識したことについてお伝えしていきます。

副業は時間の確保と目標の設定

副業を始める際にまず確保したのが「時間」です。

何か新しいことを始める際には、今までやっていたことをやめる必要があります。

本業の仕事、家族との時間、プライベート時間などの中で、何をやめることができるかを考えました。

 

本業の仕事、家族との時間は自分1人だけの都合で決められるものではなかったので、当時唯一の趣味としていた釣りを一旦やめることにしました。

当初は一番楽しみにしていた趣味でもあったため、なかなかやめるのは難しいかと思ったのですが、副業で自分がやりたいこと・やりがいのあることが見つけられるとすんなりやめることができました。

 

時間を作り出すためには、これから始めることにどれだけ情熱を注げるかがとても大事だと思います。

 

副業は自分で管理し、やるべきことを明確にしていく

副業を始めようと思っても、なかなか長続きするのが難しい点があります。

本業であれば、決まった時間に出社し、他の人と一緒にやるべきことをこなしていきます。

 

副業になると、何時間やるのか、何をやるのかも全て自分で決めなければなりません。

つまり、本業以上に副業をする際はいくつかのハードルを超えて必要があるのです。

 

副業に取り組む際に大事なのが、最終的な目標を設定し、そこから逆算して、日々やるべきことをタスクに落とし込んで実行していくことです。

僕はこれまでに下記のような副業をしてきました。

  • 物販
  • 動画編集
  • 音声編集
  • スライド作成
  • コミュニティサポート
  • 読書会
  • ブログ構築
  • メルマガ発信
  • セミナー開催
  • コーチング

 

副業の習慣を身につける際に意識したことは、繋がるべき人、正確な情報、集中力が上がる時間帯、作業する場所、副業の難易度、初期投資など、いろいろとあります。

例えばブログ構築で言うと、下記のことを実行してきました。

  • ブログのコミュニティに半年間所属し、基礎を学ぶ
  • 正確な情報をインターネット経由で詳細に調べてから取り掛かる
  • 集中力が上がる朝の時間の活用
  • 自宅もしくはカフェでの作業
  • 自分自身が取り扱ったことがあるコンテンツのみ記事作成
  • ブログページようの有料テーマ、サーバー代、パソコン代

 

その甲斐もあって、現在では毎月安定したブログ経由でアフリエイト収入を得ることができています。

特にブログのように成果が出るまで時間がかかるようなものは、日々の積み重ねが重要になります。

 

成果を出すための習慣化力を身につける

他にも本業の仕事をしながら、合格率10%前後の第三種電気主任技術者の資格を取得したり、フルマラソンを2度完走などもしました。

一度物事を継続する習慣を身につけることができれば、後は日々の日常を過ごすようにやるのが当たり前になります。

 

本ブログでは、自己理解を深め、自分に合った習慣化を構築する方法についてお伝えしていますのでぜひ参考にしてみてください。

また、日々の進捗状況を計測することによって、ゴールに近づいていることを体感することができ、物事を継続する際のモチベーションアップにも繋がります。

 

僕が毎日使用している「レベルアップ習慣化ノート」をプレゼントしているので、こちらも活用してみてください。

習慣化ノート
参考レベルアップ習慣化ノートプレゼント

続きを見る

 

© 2024 複業クエスト Powered by AFFINGER5