ウェルスダイナミクス 得意なこと

ウェルスダイナミクスのタイプとは?周波数とプロファイルの違い

ウェルスダイナミクスのタイプとは?周波数とプロファイルの違い
[voicer icon="https://junichi-kimura.com/wp-content/uploads/2020/10/c7f12dff83c0fccac0d3d59285ce582f-e1602336164613.jpg" name="友達"]

ウェルスダイナミクスで伝えているタイプってどんな違いがあるの?

タイプの違いを知るとどんないいことがあるんだろう?

[/voicer] [voicel icon="https://junichi-kimura.com/wp-content/uploads/2020/10/ac772f5084ead89d5e0e168dc567bc41-e1602329344592.png" name="JUNICHI"]

ウェルスダイナミクスのタイプは二通りの分け方があります。

それぞれの違いを知ることで得られるものが見えてきますよ!

[/voicel]

 

ウェルスダイナミクスのタイプ分けには「4つの周波数」と「8つのプロファイル」があります。

この違いってそもそもどういう風に分けられているかがわからないという方も多いと思います。

そこで今回は周波数とプロファイルの違う点についてお伝えしていきます。

 

[topic color="red" title="ウェルスダイナミクスのタイプについての質問?"]

・ウェルスダイナミクスのタイプとは?

・4つの周波数とは?

・8つのプロファイルとは?

[/topic]

 

質問に対する回答は下記になります。

[topic color="blue" title="ウェルスダイナミクスのタイプの違いについての回答"]

・ウェルスダイナミクスは4つの周波数と8つのプロファイルに分けられる

・4つの周波数はダイナモ、ブレイズ、テンポ、スチール

・8つのプロファイルがわかると強みと弱みだけではなく、進むべき道の成功戦略がわかる

[/topic]

 

4つの周波数は「強みや弱みの違い」や「得意な質問」「大事にしているもの」などがわかります。

8つのプロファイルは尖った強みや弱み、プロファイルごとの成功戦略などビジネスを構築していく際のノウハウを得ることができます。

 

それぞれ活用できるところが変わってくるので、必要に応じて使い分けていくことになります。

 

ウェルスダイナミクスのタイプとは?周波数とプロファイルの違い

ウェルスダイナミクスのタイプとは?周波数とプロファイルの違い

[keikou]ウェルスダイナミクスは昔からある理論「春夏秋冬」「陰陽五行」「ユング分析心理学」などをもとにロジャーハミルトンが生み出しました。[/keikou]

 

一括りでタイプの違いと言っても、「4つの周波数」と「8つのプロファイル」があります。

4つの周波数はダイナモ、ブレイズ、テンポ、スチール

ウェルスダイナミクスのタイプ分けの基本は4つの周波数になります。

[topic color="orange" title="4つの周波数"]

・ダイナモ

・ブレイズ

・テンポ

・スチール

[/topic]

 

各周波数の違いを知るだけで「強みや弱みの違い」や「得意な質問」「大事にしているもの」などがわかります。

4つの周波数のうち、どのタイプか知りたい方は無料テストを受けてみてください。

[btn]4つの周波数無料テストはこちら[/btn]

 

8つのプロファイルは4つの周波数の割合で決まる

さらに細かくタイプ分けしたのが、8つのプロファイルになります。

[topic color="blue" title="8つのプロファイル"]

・クリエイター

・スター

・サポーター

・ディールメーカー

・トレーダー

・アキュムレーター

・ロード

・メカニック

[/topic]

 

[keikou]プロファイルは周波数の割合によって決まってきます。[/keikou]

 

木村の周波数の割合例

 

僕の場合は[keikou]スチールの割合が一番多く、次に同じぐらいテンポの割合もあるため、左下のアキュムレーター というプロファイル[/keikou]になります。

[aside type="boader"]

・クリエイターは「ダイナモ」の割合が多い

・スターは「ダイナモ」と「ブレイズ」の割合が多い

・サポーターは「ブレイズ」の割合が多い

・ディールメーカーは「ブレイズ」と「テンポ」の割合が多い

・トレーダーは「テンポ」の割合が多い

・アキュムレーター は「テンポ」と「スチール」の割合が多い

・ロードは「スチール」の割合が多い

・メカニックは「スチール」と「ダイナモ」の割合が多い

[/aside]

 

人は皆全ての周波数を持ち合わせていますが、それぞれが持っている周波数の割合が異なります。

その違いがプロファイルを決めるのです。

 

[keikou]8つのプロファイルの違いを知るためには基本となる4つの周波数の違いを知ることが欠かせません。[/keikou]

 

次に4つの周波数について深掘りしていきます。

4つの周波数の違いを知ることで得られるもの

4つの周波数だけでもいろんな違いを知ることができます。

[aside type="boader"]

・特徴

・得意な質問

・大事にしているもの

・プロファイル

[/aside]

 

革新と創造を持つダイナモから全てが始まる

革新と創造を持つダイナモから全てが始まる

ダイナモは魔法使いのように何もない状態から、革新的なアイデアや新しい発明品を生み出します。

[aside type="boader"]

・特徴:発電機

・得意な質問:何?

・大事にしているもの:自己重要感

・プロファイル:メカニック、クリエイター、スター

[/aside]

 

[keikou]ダイナモは革新と創造を合わせ持つスタータータイプです。[/keikou]

発電機のようにどんどん新しいアイデアを生み出していきます。

 

物事をスタートさせることに優れているが、それを完了させることは苦手としています。

得意な質問は何?。この問題を解決するためには何を作ればいいんだろうと考えます。

 

大事にしているものは自己重要感。自分が満たされている場にいることを求めています。

ダイナモの周波数の割合が多いプロファイルは、メカニック、クリエイター、スターになります。

 

ダイナモの方に向いている適職については下記をご覧ください。

[kanren url="https://junichi-kimura.com/the-right-job-for-the-dynamo/"]

 

情熱と社交性を持つブレイズからビジネスは拡大していく

情熱と社交性を持つブレイズから拡大していく

ブレイズは魔物使いのようにどんどん新しい仲間を作くりながらビジネスを拡大していきます。

[aside type="boader"]

・特徴:炎

・得意な質問:誰?

・大事にしているもの:多様性

・プロファイル:スター、サポーター、ディールメーカー

[/aside]

 

ブレイズは情熱と社交性を合わせ持つ拡大タイプです。

炎のように熱い人達が多く、周りの人をどんどん巻き込んでいきます。

 

新しいものを世の中に伝えていく際に人を巻き込む力があるブレイズの人は力を発揮します。

逆に数字や細かい資料などを見ることは苦手です。

得意な質問は誰?。この問題を解決するためには誰に聞けばいいんだろうと考えます。

 

大事にしているのは多様性。いろいろな種類や傾向があるものを求めます。

ブレイズの周波数の割合が多いプロファイルは、スター、サポーター、ディールメーカーになります。

 

ブレイズの方に向いている適職については下記をご覧ください。

[kanren url="https://junichi-kimura.com/blazes-right-job/"]

 

調和と献身を持つテンポでビジネスを継続させる

調和と献身を持つテンポで継続させる

テンポは僧侶のように周りの人の調和を保ちながら安心感を与えていきます。

[aside type="boader"]

・特徴:リズム

・得意な質問:いつ、どこで?

・大事にしているもの:繋がり、絆、調和

・プロファイル:ディールメーカー、トレーダー、アキュムレーター

[/aside]

 

テンポは調和と献身を合わせ持つ物事を継続させることが得意なタイプです。

1度出来上がったリズムを保ちながら継続的に続けていくことができます。

 

自分の役割をきちんとこなし、周りとの調和も大事にしていくことでチームの輪を保ちます

変化が激しいところでは何から手をつければいいかわからず困ってしまう方も多いです。

得意な質問はいつ、どこで?。この問題を解決するためにはいつやれば、どこでやればいいんだろうと考えます。

 

大事にしているものは繋がり、絆、調和。繋がっている人たちの関係性をより良くしていくことを求めます。

テンポの周波数の割合が多いプロファイルは、ディールメーカー、トレーダー、アキュムレーター になります。

 

テンポの方に向いている適職については下記をご覧ください。

[kanren url="https://junichi-kimura.com/the-right-job-for-tempo/"]

 

効率と論理性を持つスチールでビジネスを効率化させる

効率と論理性を持つスチールで効率化させる

スチールは戦士のように守りを固めながら冷静に物事を判断し前へ突き進んでいきます。

[aside type="boader"]

・特徴:鋼

・得意な質問:どのように?

・大事にしているもの:確実性、効率

・プロファイル:アキュムレーター、ロード、メカニック

[/aside]

 

スチールは効率と論理性を合わせ持つ物事を効率化させるタイプです。

物事をシンプルに保つことを好むため無駄を省きながらシステムを組むことを得意とします。

 

詳細に強く、論理的に物事を進めることができるので効率よく物事を進めていきます。

最後までやり遂げることは得意ですが、新しく物事を始めることは苦手としています。

得意な質問はどのように?。この問題を解決するためにはどのようにすれば、どんなシステムを作ればいいかと考えます。

 

大事にしているものは確実性と効率。確実的に物事を進めていくために詳細まで把握しようとします。

スチールの周波数の割合が多いプロファイルは、アキュムレーター 、ロード、メカニックになります。

 

スチールの方に向いている適職については下記をご覧ください。

[kanren url="https://junichi-kimura.com/suitable-job-for-steel/"]

 

8つのプロファイルで進むべき道が明確になる

4つの周波数の割合によってプロファイルが決まってくるとお伝えしました。

では次にそれぞれのプロファイルではどんな特徴を持っているのかをお伝えしていきます。

 

クリエイター「より良い製品を生み出す」

クリエイター「より良い製品を生み出す」

クリエイターはスクエアの上の位置のプロファイルです。

クリエイターは最高のスターターと呼ばれており、新規事業の発案や革新的なことを考えだすことで今までやったことがないことを新たにスタートすることで才能を発揮します。

[kanren url="https://junichi-kimura.com/creator/"]

 

スター「独自のアイデンティティー(存在価値)を確立する」

スター「独自のアイデンティティー(存在価値)を確立する」

スターはスクエアの右上の位置のプロファイルです。

スターは最高のプロモーターです。自ら先頭となりリーダーとしてチームを引っ張っていきます。自分自身がステージに立つこともそうですが、人にスポットライトを当てることで人を輝かせることも得意とします。

[kanren url="https://junichi-kimura.com/star/"]

 

サポーター「チームを率いて、富を生み出すのをサポートする」

サポーター「チームを率いて、富を生み出すのをサポートする」

サポーターはスクエアの右の位置のプロファイルです。

サポーターは最高のリーダーです。サッカーのサポーターのように熱く応援をしてくれる人達です。人を熱く応援し続けていうことで、応援された人はどんどん前へ突き進んでいくことができます。

[kanren url="https://junichi-kimura.com/supporter/"]

 

ディールメーカー「適切なときに、適切な人同士をつなげる」

ディールメーカー「適切なときに、適切な人同士をつなげる」

ディールメーカーはスクエアの右下の位置のプロファイルです。

ディールメーカーは最高のピースメーカーです。みんなをいい気持ちにすることが得意とし、それを喜んで提供する人です。人との繋がりを作っていくことが大きな武器になるプロファイルです。

[kanren url="https://junichi-kimura.com/deal-maker/"]

 

トレーダー「安く買い、高く売る」

トレーダー「安く買い、高く売る」

トレーダーはスクエアの下の位置のプロファイルです。

トレーダーは最高の交渉人です。売値においても買値においても、ベストプライスを持ち帰ってきます。トレーダーは自分が関わっている市場や自分のチームの動向に注意し、常にチームの調和と公平性を保ちます。

[kanren url="https://junichi-kimura.com/trader/"]

 

アキュムレーター「いずれ価値が上がる資産を所有する」

アキュムレーター「いずれ価値が上がる資産を所有する」

アキュムレーター はスクエアの左下の位置のプロファイルです。

アキュムレーターは最高の大使です。特定の業務や限られた時間内に、限られた予算で遂行する必要のあるプロジェクトに対して、最高のプロジェクトマネージャーになります。

[kanren url="https://junichi-kimura.com/accumulator/"]

 

ロード「お金を生み出す資産を支配する」

ロード「お金を生み出す資産を支配する」

ロードはスクエアの左の位置のプロファイルです。

ロードは最高の支配者です。無駄を省き、徹底的にコストを抑えていくことで利益を作り出すことができます。事業を長く続けていくためには無駄を省いて、必要なものだけを残すロードの力が必要とされます。

[kanren url="https://junichi-kimura.com/lord/"]

 

メカニック「よりよいシステムを編み出す」

メカニック「よりよいシステムを編み出す」

メカニックはスクエアの左上の位置のプロファイルです。

メカニックは最高の改善者です。完璧主義者で既にあるモノをより良く改善していくことにとても長けています。物事を見てすぐに問題点を見つけ出すことができるため、すぐに改善をすることができます。

[kanren url="https://junichi-kimura.com/mechanic/"]

 

まとめ

今回は「ウェルスダイナミクスの各タイプの違い」についてお伝えしました。

4つの周波数の割合によって8つのプロファイルが決まります。

[keikou]ウェルスダイナミクスを初めて知ったという方はまずは無料テストでご自身の周波数を知ってください。[/keikou] [btn]4つの周波数無料テストはこちら[/btn]

 

さらにプロファイルも知りたいという方は診断セッションとセットで受けてください。

診断セッションが重要な理由については下記のページでお伝えしています。

[kanren url="https://junichi-kimura.com/free-and-paid/"]

 

プロファイルを知ることで、強みや弱みだけではなくビジネスを築いていく際の順序や指針を得ることができます。

会社員の方にとっても独自の強みを見つける手助けになってくれます。

 


会社員のやりたいことの見つけ方

-ウェルスダイナミクス, 得意なこと
-, , ,

© 2021 複業クエスト Powered by AFFINGER5