サラリーマンが自分の価値に気づき、さらに価値を磨くことで会社内外から求められる人間になる方法を伝えています

ウェルスダイナミクスのプロファイル「サポーター」はどんな人?

 
ウェルスダイナミクスのプロファイル「スター」はどんな人
この記事を書いている人 - WRITER -
「自分自身の人生を歩む素晴らしさを伝える」をミッションに、会社に縛られない生き方を推奨しています。 誰もが持っている価値を活用して、会社内でスキルを磨きながら会社外でビジネスを始める方法を伝えています。
詳しいプロフィールはこちら

ウェルスダイナミクスに興味を持った人が最初に気になってしまうのがプロファイルだと思います。

プロファイルは全部で8つあります。

 

このプロファイルを知ることで自分の強みだけではなく、その強みをビジネスなどでどのように活かせばいいかがわかるようになります。

僕自身もWDそしてプロファイルを知って活用することによって、自分の強みを活かしながらビジネス構築をしています。

 

プロファイルを知ることで他の人との違いを客観的に知ることができ、自分らしく生きていけるようになります。

 

今回はサポータープロファイルの特徴についてお伝えいたします。

 

サポーターという名前を聞くと一見人をサポートする人と思ってしまいますが実はそうではありません。

サポーターは人をサポートするのではなく、人を引っ張っていく存在です。

 

もしあなたがサポータープロファイルであればその力を発揮することを周りの人から求めています。

多くの人にとってサポーターが持つ大きな力を必要としているのです。

 

そしてサポーター以外の方にとってもサポーターの方と繋がることによってどんな大きな価値を得ることができるかが分かります。

是非サポータープロファイルとはどんな人なのかを知ってください。

 

サポーターってどんな人?元男子プロテニスプレーヤーの松岡修造さん

サポーターってどんな人?

サポーターはブレイズの要素を多く持つプロファイルでWDスクエアでいうと右側に位置します。

各プロファイルの名称はそれぞれどんな強みを持っているかがわかるようになっています。

サポーターは「人を引っ張っていくリーダー的存在」です。

 

サッカーのサポーターのように熱く応援してくれる人たちです。

人を熱く応援し続けていくことで、応援された人はどんどん前へ突き進んでいくことができます。

 

有名人としては元男子プロテニスプレーヤーの松岡修造さんがいます。

修造さんといえばあの錦織圭選手の才能を見抜き、幼少期の頃から世界で戦うために必要なことを教え込んでいき、世界プレーヤーになるための土台を作った方とも言える人です。

 

先日テレビの番組で恐竜博士になりたいけどなかなか自信が持てない少年に、修造さんがネガティブになって逃げそうになったときのマインドを変えるテクニックを伝授していました。

 

その時にも熱い言葉で応援しながら、少年がこの先を突き進んでいくために最終的にはテレビの生放送で自分の夢を語るプレゼンをさせていました。

熱く応援するだけではなく、人を大きく成長させるための試練も与え、そこをも乗り越えさせてくれるのがサポーターです。

 

テレビを見ながら改めてサポーターの底力を見せつけられました。

 

次はサポーターの強みや弱みがどんなところで現れてくるのか見ていきましょう。

サポーターの強み

サポーターの強み

強みの例としては下記のようなものがあります。

 

【強み】

・信頼関係を築く

・素晴らしい応援団長

・人前にでるのも得意

 

サポーターは熱い熱量で人を突き動かすことができる

サポーターはブレイズの周波数が得意な「誰」という質問に答えるのが上手いです。

そのためチームメンバー一人一人の力を最大限に発揮することができます。

 

サポーターの力は熱い熱い熱量があります。

人を熱く応援することで、自信がなかった人に勇気を与え行動を起こそうという気持ちにさせてくれます。

また新しい人との関係性を築くのがとても上手いです。

人間関係の距離をグッと近づけてくれるのがサポーターの力でもあります。

 

信頼関係を築く

サポーターは初対面の方でもすぐに仲良くなれるほどフレンドリーに接することができます。

そのため初めての方でも信頼関係を築くことができるため、営業などの仕事にも向いている方が多いです。

 

素晴らしい応援団長

自分のことよりも、人を応援するほうが熱くなるのがサポーターです。

自分のチームや仲間のためには時間や労力を惜しみません。

 

人前にでるのも得意

サポーターは仲間が活躍することを支援することも得意ですが、自分自身も前にでるのも得意としています。

そして人前に立った時にも人のことを紹介したり、絶賛したりすることがとても上手いです。

 

サポーターの弱み

サポーターの弱み

弱みの例としては下記のようなものがあります。

 

【弱み】

・数字や計算に興味がない

・ブレやすい

・よく方向性を変える

 

サポーターは数字や計算などの数字や計算が苦手

 

サポーターは人と接することは得意ですが、数字や計算は苦手です。

また多くの人と接することが多いため、人からいろんな影響を受けやすいという特徴も持っています。

 

いい影響を受けることももちろんありますが、そうではない影響も受けることもあるのです。

そのため弱みとして現れないように自分の軸をキチンと確立した上で人との繋がりを築いていくことが大事になってきます。

 

そうなれれば多くの人からもより求められる人になっていくことができます。

 

数字や計算に興味がない

数字や計算には興味がないため事務や経理系などの作業は向いていません。

 

ブレやすい

サポーターはいろんな人と出会うことが好きなため、人からの影響も受けやすいです。

そのため出会った人の思いに触れることで、自分の考えがブレたりしやすい傾向があります。

 

よく方向性を変える

人からの影響を受けることで、方向性が変わることがよくあります。

サポーターの方に出会うと以前とは全く違ったことをしているということもあります。

 

サポーターを活かしていくためには

サポーターを活かしていくためには

サポーターの方は尊敬できる人だったり、同じ目的に向かっている仲間と繋がっていると大きな力を発揮します。

その方のことを応援したり、力になることをすることが何よりも一番燃え上がります。

 

僕が知っているサポーターの方も常に人との繋がりを大事にしています。

そしてその繋がりからいい影響を頂いたり、新たな人との繋がりも得たりしてどんどん人との輪を広げています。

またサポーターは他のプロファイルの方にとっても頼もしい応援団長にもなるため、チームには欠かせない人になることもできます。

 

サポーターだけど一緒に前へ突き進む人と繋がっていないのであれば、まずはその繋がりを築いていくことがとても大事です。

繋がりさえキチンと築いていくことができれば、どんどんいい方向にへ進んでいくことができます。

 

まとめ

今回はウェルスダイナミクスの8つのプロファイルの一つ「サポーター」についてお伝えいたしました。

サポーターの方はどんな人とも繋がりを持てるというのがとても大きな価値だと思います。

 

僕自身は初対面と仲良くなるのに時間がかかりますが、サポーターの方はそんな距離をもすぐに埋めてくれる頼もしい存在です。

そして同じチームや共に進む仲間にとっては中心的な役割にもなってくれるのでチームの結束力も高めてくれます。

 

いいチームには有能なサポーターの方が必ずいます。

何か新しいプロジェクトを始める際にはこのサポーターの方を最初に見つけることから始めましょう。

 

ご自身のプロファイルを明確にしたい方はプロファイルテストを受けてみることも検討してみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
「自分自身の人生を歩む素晴らしさを伝える」をミッションに、会社に縛られない生き方を推奨しています。 誰もが持っている価値を活用して、会社内でスキルを磨きながら会社外でビジネスを始める方法を伝えています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© リーマンダイナミクス , 2020 All Rights Reserved.