適職

メンタルが弱い人の適職とは?特徴や強みからわかる仕事に活かす方法

2021年12月14日

メンタルが弱い人に向いている仕事5選
仕事に対してストレスを抱えやすいのですが、そんな僕にはどんな仕事が向いているんだろう?

自分にも強みがあるのであれば知って活かしていきたい。

戦士
JUNICHI
メンタルが弱い人はパソコンや機械など詳細に強い仕事に向いていたりします。 強みを知ることができれば、仕事にどう活かせばいいか見えてきますよ!

 

今回は下記の質問についてお答えしていきます。

  • メンタルが弱い人の特徴は
  • メンタルが弱い人の強みや弱みは?
  • 向いている仕事は?

 

質問に対する答えは下記です。

メンタルが弱い人の特徴

  • メンタルが弱い人の特徴は一人でコツコツ仕事が行える人
  • 強みは合理的な考えを持っており、詳細に強い
  • プログラマーなどの専門性の高い仕事

 

仕事内容や仕事のやり方によってストレスを抱えやすい人がどんどん増えてきています。

納期やノルマだけではなく人間関係に悩まされることもあり、以前ほどではなくてもまだ働きにくい環境が残っているところもあります。

 

ストレスに強い人はいいのですが、ストレスに対しての圧力に耐えられないメンタルが弱い人は自分に合った仕事を見つけていく必要があります。

そんなメンタルが弱い人にはストレスがあまりかからない仕事が向いています。

一人で完結できる仕事や失敗が生じにくい仕事など、一人でコツコツ行う仕事では力を発揮します。

 

強みを認識することで今の仕事にどう活かせばいいかも見えてきます。

今回はメンタルが弱い人の特徴や強み、向いている仕事についてお伝えします。

 

目次

メンタルが弱い人が持っている5つの強み

メンタルが弱い人が持っている5つの強み

メンタルが弱い人は5つの強みを持っています。

メンタルが弱い人の5つの強み

  1. 優しい心を持っている
  2. 合理的に物事を考えることができる
  3. 専門分野に強い
  4. 高い集中力を持っている
  5. 細かいところまでよく見ている

 

メンタルが弱い人の強み1:優しい心を持っている

メンタルが弱い人は人と接することはあまり得意ではないのですが、心優しい人が多いです。

わからないことを聞いたり、質問をしてみると丁寧に答えてくれたりします。

無口なところがあるので人嫌いだと思われることがあるんだよね・・・
戦士

 

優しすぎるが故に物事を深く考えてしまい、精神的に落ち込んでしまうこともあるので気を遣う場面はできるだけ避けるなどを心がけるといいです。

 

メンタルが弱い人の強み2:合理的に物事を考えることができる

興味があることにはどんどん学ぶことができる人が多いです。

知識量が多く合理的に考えることができるので、わかりづらいことをわかりやすく伝えることができます。

 

感情的になることがなく合理的に考えることができるのは、説得力のある説明ができるという強みの一つです。

 

メンタルが弱い人の強み3:専門分野に強い

詳細に強いという特徴を持っているので、専門分野を突き詰めていくことができます。

広く浅くというよりも、狭く深く考えたり学んだりすることにやりがいを感じる方が多いです。

 

どの業界にも専門分野を極めているメンタルが弱い人が存在していたりします。

ご自身の中でどの分野や業界に興味があるかを見つけることができれば、そこから深く学び始めることができます。

 

メンタルが弱い人の強み4:高い集中力を持っている

一つのことに対して集中することにとても長けています。

周りがガヤガヤ騒がしいところでは集中することができないため、一人で黙々と作業を進めることができる仕事では力を発揮します。

 

一般的には複雑な内容だったりすると数字の羅列が多く難しく思えることだったとしても、高い集中力で理解し物事を解決することができたりします。

 

メンタルが弱い人の強み5:細かいところまでよく見ている

物事について深く考えてしまう傾向があるため、他の人には気づかない細かいところまでよく見ていたりします。

そのため他の人は気付かない差を見分けることができるため、問題が起きたときにすぐに解決策を見つけることができます。

 

機械やコンピューターに強い人も多いので、人よりもモノを扱う仕事で成果を出すことができます。

JUNICHI
他の人にはない専門的知識を身につけることで重宝される存在になることもできますね!

 

 

メンタルが弱い人が持っている5つの弱み

メンタルが弱い人が持っている5つの弱み

メンタルが弱い人は5つの弱みを持っています。

メンタルが弱い人の5つの弱み

  1. プライドが高い
  2. 繊細な面がある
  3. 目立ちたくない
  4. プレッシャーに弱い
  5. 人付き合いが苦手

 

メンタルが弱い人の弱み1:プライドが高い

メンタルが弱い人はプライドが高くないように見えますが、実はプライドを傷つけられることをとても嫌います。

そのため仕事でミスしたり、失敗することを避けたがる傾向がある、新しいことに挑戦することを苦手としています。

 

できるだけ失敗をしないようにするためにはどうしたらいいかをいつも考えていたりします。

 

メンタルが弱い人の弱み2:繊細な面がある

傷つくことを嫌うため、人の発言について敏感になることがあります。

あの発言の真意は?、あの悪口は自分のことを言っているのでは?など、近くの人がこそこそ話をしていたり、笑っていたりすると自分のことについて話をしているのではないかとビクビクしてしまいます。

 

自分に自信を持つことができれば、周りの顔色を伺うということを少しずつ減らしていくことができます。

 

メンタルが弱い人の弱み3:目立ちたくない

人の顔色を伺うことがあるため、自分の意見を伝えるのを苦手な傾向があります。

そのため自分のことをよく知ってもらうための自己アピールなどをすることは得意としていません。

話さなくていいのであればそれに越したことはないです・・・
戦士

 

できるだけ目立つことなく、できれば人前で話すということを避ける傾向があります。

 

メンタルが弱い人の弱み4:プレッシャーがかかると萎縮してしまう

大きな仕事が任せられたり、周りから期待されるようなことを避ける傾向があります。

ノルマがあるような仕事では、プレッシャーを感じてしまいストレスがどんどん溜まってしまったりします。

 

高い期待を持たれるよりも、誰にでもできることをコツコツと続けることの方が向いています。

 

メンタルが弱い人の弱み5:人付き合いが苦手

人の感情はその時々によって変化するため、人付き合いを苦手とする人が多いです。

特に初めてお会いする人ととはどんな話をすればいいか迷ってしまうため、様々な人と会うような仕事には向いていません。

 

できるだけ人と接することがなく、人よりもモノを相手にする仕事の方が向いています。

 

 

メンタルが弱い人に向いてる仕事の特徴7選

メンタルが弱い人に向いてる仕事の特徴7選

メンタルが弱い人に向いてる仕事には7つの特徴があります。

メンタルが弱い人に向いている仕事の特徴7選

  1. 一人で完結する仕事
  2. 失敗が生じにくい仕事
  3. 専門性が求められる仕事
  4. ノルマにうるさくない仕事
  5. 単純作業な仕事
  6. 手に職を身につける専門的な仕事
  7. 経験を活かせる仕事

 

メンタルが弱い人に向いてる仕事の特徴1:一人で完結できる仕事

メンタルが弱い人は一人でコツコツ行う仕事に向いてます。

一人で行う仕事であれば、コミュニケーションを苦手としている人でも黙々と行うことができます。

 

特に詳細に強いという強みを持っているので、完成度の高い仕事を行うことができたりもします。

 

メンタルが弱い人に向いてる仕事の特徴2:失敗することが少ない仕事

プライドが高く失敗することを誰よりも恐れているため、失敗する確率が少ない仕事を求める傾向があります。

失敗する確率が低ければ、率先して進めることができるため意欲を持って仕事に取り組むことができます。

 

高い目標を掲げるよりも、小さい目標を一つ一つ乗り越えていくようにしていくことで成果を上げていくことができるようになります。

 

メンタルが弱い人に向いてる仕事の特徴3:専門性が求められる仕事

物事を深く考えることを得意としているため、よく考えて行うような仕事にやりがいを持つ方が多いです。

問題を解決する能力もあるため、自分自身の専門分野であれば積極的に課題に取り組んでいくことができます。

 

この分野の仕事に関してはこの人に聞けば間違いないという専門性を持つことができれば、周りから認められるようになっていきます。

 

メンタルが弱い人に向いてる仕事の特徴4:マイペースで進められる仕事

新規営業などのようにノルマを求められるような仕事ではストレスを感じてしまいます。

メンタルが弱い人は自分のペースで仕事を進めたい方が多いので、マイペースでできる仕事を求めています。

JUNICHI
仕事のペースを邪魔されるのを嫌うので、集中している時は時間をおいて接してあげるといいですよ。

 

マイペースにできる仕事なのか、急かされる仕事なのかを見極めことも大事になってきます。

 

メンタルが弱い人に向いてる仕事の特徴5:単純作業な仕事

常に変化が求められる仕事ではその場その場で臨機応変に対応しなければならず気疲れてしまいます。

やり方がすでに決まっている作業であれば、その通りに実行すればいいんだと安心することができコツコツと行うことができます。

 

新しいことを始めるのが苦手な方が多いので、やるべきことが決まっている仕事だと楽にこなしていくことができます。

 

メンタルが弱い人に向いてる仕事の特徴6:手に職を身につける専門的な仕事

一つのことについて詳細に学んだり取り組んだりすることを得意としているため、専門的な仕事で力を発揮します。

専門性が高くなればなるほど、深く学ぶことができどんどんのめり込んでいくことができます。

 

興味があったり、やっていて楽しいと思えることであれば前へ進んでいくことができます。

 

メンタルが弱い人に向いてる仕事の特徴7:経験を活かせる仕事

未経験のことよりも、すでに経験していることの方がメンタルが弱い人は仕事がやりやすいです。

初めてのことだと仕事を覚えるまでに人に気を使ったり、失敗を繰り返したりなどストレスを溜めてしまうことが出てきたりします。

 

すでに経験していることであれば、自分にあったやり方も見えてきているためストレスを抱えることなく仕事をすることができたりします。

 

 

メンタルが弱い人に向いている仕事5選

メンタルが弱い人に向いている仕事5選

メンタルが弱い人に向いてる仕事の特徴から実際にオススメの仕事を5つ紹介します。

メンタルが弱い人に向いてる仕事5選

  1. 在宅ワーク
  2. 事務、総務
  3. プログラマー
  4. 機械製造
  5. 設備管理

 

メンタルが弱い人に向いてる仕事1:在宅ワーク

メンタルが弱い人が最も強くストレスを感じるのが人とのコミュニケーションだったりします。

人の感情はその時々によって変化するため、その度に気を遣うことで疲弊してしまいます。

 

在宅ワークであれば人とコミュニケーションを取る手段はオンラインとなり、最低限のやり取りで済むので気が楽になります。

自宅で落ち着いて仕事ができるのでマイペースで進めることができます。

働く時間も会社に行くよりも自由になる部分もあったりするので、気疲れすることも必然と減らすことができます。

会社と自宅を往復する時間も節約できるので在宅ワークはいいところばかりです!
戦士

 

メンタルが弱い人に向いてる仕事2:事務、総務

メンタルの弱い人は数字だったり、細かいことをする仕事に向いていたりします。

事務や総務などの仕事はやるべきことが決まっていたり、正確性が求められることが多く、コツコツ作業ができる人にとても合う職業になります。

 

臨機応変に対応しなければならないこともほとんどなく、淡々と作業を進めることができます。

また関わる人たちも社内の人だったりと、新しく関係性を築く必要がない点でもメンタルが弱い人には合っていたりします。

 

メンタルが弱い人に向いてる仕事3:プログラマー

システムを作り上げるプログラマーの仕事にも向いています。

プログラマーのように専門性が高く、規則正しく動作するように考えながら組み込んでいく仕事はコツコツ行う人にとってはやりがいのある仕事になります。

 

様々なプログラミングに触れることで経験を積むことができ、対応できる場面が徐々に増えていくことで、周りからも求められる人になることができます。

メンタルが弱い人にとって周りから求められることはとても嬉しいことです。

また関わる人も仕事仲間だったり、お客さんとのやりとりも仕事の話が中心となるためやりやすかったりします。

 

メンタルが弱い人に向いてる仕事4:機械製造

機械を製造する仕事では組み立てる順序や性能を調整するポイントなどは事前にわかっている場合がほとんどです。

やるべきことが決まっていることであれば目の前の仕事に集中して取り組むことができます。

調整箇所で上手くいかなかった場合でも、どこに問題があるのかが明確になっていることが多いため先輩や上司の方にピンポイントで聞くことができます。

対応方法がわかれば次回同じようなことが起きたときには対処することができるので、やればやるほど自信がついてきます。

 

詳細に強いという特性も持ち合わせているので、どんどん深くまで学びながらスキルを磨いていくことができます。

経験を積むことができれば、今度は後輩や部下に教えられる立場に立つこともできるようになります。

 

メンタルが弱い人に向いてる仕事5:設備管理

設備管理の仕事は設備がキチンと動くように管理をする仕事です。

設備が正常に動くようにするためには日々の機械の状態をチェックすることが欠かせません。

機械に問題が出るときは、不調のサインが現れたりします。

JUNICHI
詳細に強いため、少しの変化も見落とさない強みも活かすことができますね!

 

そのサインを見極めるために日々チェックシートをもとに機械の状態を確認していきます。

以前に検査した時と変化した点がないか、問題が発見した際はどのようにして被害を最小限に抑えるかなど、事前に準備をして対応することが求められます。

メンタルが弱い人は心配症なところもあるため、問題が起こりそうなことを事前に把握したり、準備を進めていくことは自然とできたりします。

 

 

メンタルが弱い人に向いてない仕事5選

メンタルが弱い人に向いてない仕事5選

メンタルが弱い人に向いてない仕事も5つ紹介します。

メンタルが弱い人に向いてない仕事5選

  1. 営業
  2. 教師
  3. コールセンタースタッフ
  4. 人事
  5. 管理職

 

メンタルが弱い人に向いてない仕事1:営業

人とコミュニケーションを取ることが求められる営業の仕事には向いていません。

特に新規営業などのように新しく人間関係を構築しなければならない状態だと、メンタルが弱い人は疲弊してしまいます。

頑張って契約の話をしたのに断られる可能性も高く、自分はダメな人間なのかと落ち込んでしまうことにもつながってしまいます。

JUNICHI
営業の仕事でもルート営業などすでに取引のあるお客さんとのやりとりであればストレスなく進めることもできます。

 

メンタルが弱い人に向いてない仕事2:教師

人間関係を構築するのが苦手な人にとって子供との信頼関係を作るのは大変なことだったりします。

子供との関係性を築くためには高いコミュニケーション能力が求められることが多く、表面的な対応では心を開いてくれません。

また親御さんとの関係性も構築していくことも求められてくるため、子供にも親御さんのどちらにも気を使わなければならないとなると疲れてしまいます。

 

メンタルが弱い人に向いてない仕事3:コールセンタースタッフ

コールセンターの仕事は営業ののように新たに新規営業することもありますし、苦情を受け付けて対応することもあります。

営業の仕事は冒頭でもお伝えした通り、電話とは言え断られることがほとんどだったりします。

苦情に対応する際もお客さんの怒りを鎮めることに注力せねばならず、その対応をするだけで気疲れしてしまいストレスを抱えてしまいます。

 

メンタルが弱い人に向いてない仕事4:人事

会社内の人材の配置を決定する人事のような仕事では、社員の人たちのことを考えすぎてしまい迷ってしまうことがあります。

適材適所はもちろんのこと、希望部署の対応だったり、会社の都合などもあるため何を基準にすべきか困ってしまいます。

また新しく人を採用する際にも、応募いただいた方の中で誰を採用するかの判断力も求められてきます。

 

ある意味人の人生の大事な部分を決定することにもなるのでプレッシャーを感じてしまい、気を使いしすぎてしまうということも起きてしまいます。

 

メンタルが弱い人に向いてない仕事5:管理職

管理職の人は働いている部下の方が気持ちよく仕事ができるように管理していかなければなりません。

時にもやる気を出させるために応援したり、叱責したりすることもあり、高いコミュニケーション能力が求められます。

また管理職の人は部下の方から信頼されないと言うことを聞いてもらえないことも起きてくるため、自分自身の仕事をきっちりこなしていくことが欠かせません。

 

また役員クラスの人との仕事のやりとりもあり、上司、部下の両方の板挟みになることもあります。

メンタルが弱い人はどちらにもいい人でありたいと思いがちなため、ストレスを抱えてしまうことが増えてしまいます。

 

 

メンタルが弱い人のタイプの活かし方を知る

メンタルが弱い人の強みは専門性が高い仕事で力を発揮するとことができるという点です。

自分にとって意味のある仕事や周りから求められる仕事では力を発揮してお役に立ちたいと考えていくことが大事になってきます。

 

自分が目指すべきことは何か、興味のあること、得意なことを見つけていくことでお役に立てられるところが見えてきます。

自分が目指すべきことは人生の目的を見つけていくことで見えてきます。

人生の目的が決まれば、会社の指針と結び付けることで仕事をすることの意味づけを見つけることができます。

やりたいことがわからない人は、5つの方法で人生の目的を見つける
参考やりたいことがわからない人は、5つの方法で人生の目的を見つける

続きを見る

 

興味のあることを見つける際は好きなことから探していくといいです。

好きなことは過去の掘り起こしをしていくことで見つけていくことができます。

好きなことの見つけ方10の質問!仕事にするための具体的3ステップも紹介!
参考好きなことの見つけ方10の質問!仕事にするための具体的3ステップも紹介!

続きを見る

 

得意なことを見つける際にも過去の掘り起こしで行っていくことができますが、最も簡単な方法は自分のタイプを知ることです。

ちなみにメンタルが弱い人の多くはネガティブに捉えがちな方はウェルスダイナミクスで言うとスチールの方が多い傾向があります。

ご自身のタイプを知りたい方やタイプごとの活かし方を知りたい方は下記のページをご覧ください。

ウェルスダイナミクスのスチールタイプが向いている適職は?
参考ウェルスダイナミクスのスチールタイプ(内向型)が向いている適職は?

続きを見る

 

また、40個の副業の中でどれが自分に向いてるかがわかる「40個の副業を徹底分析!4つのタイプ別向いている副業一覧」を無料プレゼントしています。

自分のタイプに合った副業を知りたい方はご覧ください

無料プレゼントはこちら

 

まとめ

今回はメンタルが弱い人に向いてる適職についてお伝えしました。

強みや弱み、向いている仕事の特徴などを把握することで、ご自身に合った仕事のやり方が見えてくると思います。

向いている仕事を知ることも大事ですが、ご自身の強みをどう活かしていくかを知ることはもっと大事です。

 

強みの活かし方がわかれば、苦手だと思える仕事でも成果を出すことができます。

要は同じ仕事でも強みごとに仕事のやり方が変わるということです。

先輩や上司が伝えている仕事では上手くいかないなと感じているのであれば、自分の強みを仕事にどう活かせばいいかを是非考えてみてください。

 


会社員のやりたいことの見つけ方
  • この記事を書いた人

JUNICHI

■会社員と副業の2足の草鞋を履く複業サラリーマン □学びながらお金を得る副業を推奨&実践中 ■札幌にて妻、子二人、犬の4人+1匹で暮らしている □WDコンサルタントの資格を保有

-適職
-, ,

© 2022 複業クエスト Powered by AFFINGER5