向いてる仕事

感受性が強い人の適職とは?敏感な性格を強みに変えて仕事に活かす方法

2021年8月6日

感受性が強い人に向いている3つの適職
感受性が強いねと言われるんだけど、どんないいところがあるんだろう?

向いている仕事も知りたい!

僧侶
JUNICHI
感受性が強い人は周囲の人が何を考えているか察知することができます。

人を看病したり、直に喜んでらえる仕事などに向いていますね!

 

今回は下記の質問についてお答えしていきます。

  • 感受性が強い人が持っている特徴は
  • 感受性が強い人の強みとは?
  • 特徴や強みを活かせる仕事は?

 

質問に対する答えは下記です。

感受性が強い人の特徴

  • 感受性が強い人は周囲に対しての配慮が上手い
  • 強みは五感の察知能力が高いこと
  • 人や動物と関わる仕事に向いている

 

周りの人がどう考えているのか、どんな想いを持って接しているのかを必要以上に感じ取れるのが感受性が強い人。

五感に優れているため人の気持ちを受け取りやすく、ストレスを抱えやすい人も多いです。

 

一見マイナスに見えるところもありますが、感受性が強いことを仕事に生かすことで欠かせない存在になることができます。

適職としては介護士やカウンセラーなど1対1で優しく接することが求められる仕事に向いています。

 

強みを認識すれば今の仕事に活かす方法も見えてきます。

今回は感受性が強い人の特徴や強み、向いている仕事についてお伝えします。

 

感受性が強い人が持っている3つの特徴

感受性が強い人が持っている3つの特徴

感受性が強い人は3つの特徴を持っています。

感受性が強い人の3つの特徴

  1. 小さなことにもよく気がつく
  2. 思いやりを持って人に接することができる
  3. ストレスをためやすい

 

感受性が強い人の特徴1:小さなことにもよく気がつく

感受性が強い人は小さな変化も見逃しません。

ほんの小さな細かいことでも察知することができます。

 

人の表情や仕草の小さな変化にも気づくことができるため、それに応じて臨機応変に対応することができます。

こんなことをしてくれたら嬉しいなということを自然にすることができるのが感受性の強い人です。

 

感受性が強い人の特徴2:思いやりを持って人に接することができる

人の気持ちを汲み取ることができる人は感受性が強い人とも言えます。

相手の方の気持ちを感じ取り、その上で優しく接することができる人です。

 

必要以上に自分ごとに捉えてしまいがちな点もあるため、悩んでいる内容によっては自分自身も落ち込んでしまうこともあります。

一人で落ち込むよりも、二人で一緒に分かち合うことで回復に向かわさせる、そんなことができるのが感受性の強い人です。

 

感受性が強い人の特徴3:ストレスを溜めやすい

相手の悩みを聞いているうちに自分ごとに捉えるようになることでストレスを抱えやすいという点があります。

また周りの人にどう思われているのかもすごく気にする方が多いため、相手の目線を伺いながら行動を取るようになります。

 

自分が思っていることを伝えられなくなるだけではなく、心も押し殺してしまう傾向があるため気をつけなければなりません。

 

感受性が強い人が持っている3つの強み

感受性が強い人が持っている3つの強み

感受性が強い人は3つの強みを持っています。

感受性が強い人が持っている3つの強み

  1. 五感が優れている
  2. 洞察力に優れていて、相手の気持ちを察知できる
  3. 周囲との関係性構築が上手い

 

感受性が強い人の強み1:五感が優れている

感受性が強い人の強み1:五感力が優れている

人には直感に優れている人と五感に優れている人、両方を同じぐらい持ち合わせている人もいます。

その中でも五感(視力、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)が優れている人は時代の変化にも気づくことができます。

 

今の時代に求められているものは何か、年齢層によっての好みの違いなど、その時々の流行の変化を察知し適応することができるのです。

目の前の人が何を求めているかわかることで親身になって対応できることもそうですが、仕事にも活かすことができます。

同じ商品でも相手の悩みをどう解決することができるかを丁寧に伝えることができれば、お客さんにも喜んでもらえるようになります。

 

感受性が強い人の強み2:洞察力に優れていて、相手の気持ちを察知できる

感受性が強い人の強み2:洞察力に優れていて、相手の気持ちを察知できる

感受性が強い人は周りのことをよく見ています。

会社の会議などで発言したいけどなかなか言い出せない人を見つけたり、一緒に飲みにいった時に何を欲しがっているかを見極めて代わりに注文をしてくれたりしてくれます。

 

優しい心を持っている人でもあるので、相手の心に土足で踏み入れることもしません。

誰にでも優しく接することができるというのは大きな強みになります。

感受性が強い人を心から信頼している人はとても多いです。

 

感受性が強い人の強み3:周囲との関係性構築が上手い

感受性が強い人の強み3:周囲との関係性構築が上手い

強み2で伝えたように周りのことをよく見ているため、周囲との関係性を構築していくことにも優れています。

ほんの小さな変化にも気づくことができるため、相手の方にとっては自分のことをよく見てくれていると感じ、良い関係性を構築することができます。

 

同じ職場で働いていても、悩みを打ち明けられる人とそうでない人に分かれます。

人は自分のことをよく理解してくれる人に相談したくなるものです。

相談に乗ることで少しずつ仲良くなり良い関係を作っていくことができます。

自然と関係性を良い方向に持っていけるのは強みの一つになります。

 

感受性が強い人に向いている3つの適職

感受性が強い人に向いている3つの適職

感受性が強い人は3つの適職を持っています。

感受性が強い人の3つの適職

  1. 介護士や看護婦など人の世話をする仕事
  2. 心理カウンセラー
  3. 動物に関わる仕事

 

感受性が強い人の適職1:介護士や看護師など人の世話をする仕事

感受性が強い人の適職1:介護士や看護師など人の世話をする仕事

人のことをよく観察している感受性が強い人は介護士や看護師のように人のお世話をする仕事に向いています。

患者の方の中にはあまり人にお願いすることが苦手とする人もいます。

そんな人の僅かな仕草や表情の変化を察知し、優しく対応することで相手が何を求めているのかを引き出すことができます。

 

大人数と交流を図ることはあまり得意とはしていませんが、1対1のような繋がりを作ることは得意としているため、良好な関係も構築することができます。

 

感受性が強い人の適職2:心理カウンセラー

感受性が強い人の適職2:心理カウンセラー

心理カウンセラーのように相手の悩みに親身になって対応する仕事にも向いています。

悩みを抱えている人は自分のことをよく理解してもらえる人を求めてきます。

 

感受性が強い人は相手のことを自分ごとのように考えながら汲み取ることができるため、親身になって対応することができます。

悩んでいることについて共感してくれる、一緒に考えてもらえている、優しく対応してもらえると思えると、またこの人に悩みを聞いてもらおうと思えるものです。

 

新規の方よりもリピーターを多く抱えているのが感受性が高い人の特徴でもあります。

 

感受性が強い人の適職3:動物に関わる仕事

感受性が強い人の適職3:動物に関わる仕事

感受性が強い人は優しい心を持っている方が多いため、動物のように人以外のお世話をする仕事にも向いています。

人とは違って言葉は話せない分、五感を活用して今何を求められているのかを察知することができます。

 

動物の表情や仕草などのちょっとした変化を見つけることができ、瞬時に対応することができます。

細かいことに気づくことができる人ほど、生き物と対応する能力が備わっているのです。

動物のように言葉ではなかなか伝えられないところをも読み取ることができるというのは大きな強みと言えます。

 

感受性が強い人の強みを仕事で生かしていくためには?

感受性が強い人の強みを仕事で生かしていくためには?

感受性が優れている人の強みを仕事に生かしていく方法はいくつもあります。

そのうちの一つがサポート役に徹するということです。

 

例えばリーダーの右腕という存在でサポートする点で言えば、リーダーが自分の仕事に専念するために、細かな仕事を引き受けたりします。

またリーダーと周りの人たちとのパイプ役も担うことができます。

 

リーダーにはなかなか直接言えないことでも、感受性の強い人には気軽に話をしてくれます。

周りの人が求められていることを汲み取り、みんなの代わりにリーダーに伝えることによって両方の信頼を獲得することもできます。

 

リーダーも人の上に立つ役割を担っているため、なかなか人に言えない悩みを抱えています。

そんな時に頼りになる感受性の高い人がいれば、この人だけには話してみようと思えるものです。

 

人とのつながりを大事にする感受性の強い人は人との摩擦を減らし、親身になって対応できることからサポート役で活躍することができます。

感受性が強い人がいるチームは横のつながりがあり、関係性がとてもいいという特徴があります。

 

感受性の高い人はウェルスダイナミクスでいうとテンポの方と言えます。

テンポについての説明は下記でお伝えしています。

ウェルスダイナミクスのテンポタイプに向いている適職は?
参考ウェルスダイナミクスのテンポタイプに向いている適職は?

簡単テストを受けたらテンポって出たのだけど、どんな職業に向いているんだろう?僧侶 JUNICHI僕もスチールの次にテンポの要素が強いです。 テンポの方は主に臨機応変に対応することが求められる現場の仕事 ...

続きを見る

 

まとめ

今回は「感受性が強い人の適職とは?特徴や強みからわかる仕事に活かす方法」についてお伝えしました。

感受性が強い人は下記の強みを持っています。

感受性が強い人の3つの強み

  1. 五感が優れている
  2. 洞察力に優れていて、相手の気持ちを察知できる
  3. 周囲との関係性構築が上手い

 

周りのちょっとした変化を察知できるため、その能力が必要とされる場面は多くあります。

人と関わる時には他の人よりも多くの情報を受け取ることができるため、あとは行動に移すだけで感謝される存在になることができるのです。

感受性が強い人は今回紹介した強みを今の仕事の中でどう生かしていけばいいか是非考えてみてください。

 


会社員のやりたいことの見つけ方

-向いてる仕事
-, , ,

© 2021 複業クエスト Powered by AFFINGER5