適職

繊細すぎる人の適職とは?繊細さんの強みからわかる仕事に活かす方法

2021年12月26日

繊細すぎる人に向いている仕事5選
繊細すぎて周りの目線ばかり気になってしまうのですが、そんな私に向いている仕事は何でしょう? どんな強みがあるのかについても知りたい!
僧侶
JUNICHI
繊細すぎる人は人の気持ちに寄り添うことができるという強みを持っています! 人や動物と関わるお仕事に向いていますよ!

 

今回は下記の質問についてお答えしていきます。

  • 繊細すぎる人の強み、弱みは?
  • 向いている仕事の特徴は?
  • 向いている仕事、向いてない仕事は?

 

質問に対する答えは下記です。

繊細すぎる人の強みや向いている仕事の特徴、適職について

  • 強みは共感力が高く、相手の痛みがわかること
  • 向いている仕事の特徴は人の心や体のケアをする仕事
  • 向いている仕事は心理カウンセラー

 

繊細すぎる人は相手のことに気を使いしすぎて、疲れてしまうということがあったりします。

仕事なども人に頼まれると断れなかったり、相手には仕事をお願いできなかったりするところがあります。

 

でもその分相手の痛みがわかったり、相手の気持ちに寄り添うことができるという長所も持ち合わせているということにもなります。

適職としては心理カウンセラーのように相談者さんの悩みに共感しながらも元気付けていくお仕事に向いています。

その他にも動物や自然相手のお仕事だったり、正確さが求められる仕事で活躍している方もいらっしゃいます。

 

今回は繊細すぎる人の強みや弱み、向いている仕事の特徴や適職についてお伝えいたします。

強みを認識することで今の仕事にどう活かせばいいかも見えてきます。

 

目次

繊細すぎる人が持っている5つの強み

繊細すぎる人が持っている5つの強み

繊細すぎる人は5つの強みを持っています。

繊細すぎる人の5つの強み

  1. 周りの空気を読むことができる
  2. 思いやりを持って相手に寄り添うことができる
  3. 誰とでも平等に接することができる
  4. 共感力が高く、人の痛みがわかる
  5. 細かいところによく気がつく

 

繊細すぎる人の強み1:周りの空気を読むことができる

繊細すぎる人は周りの人の僅かな違いを察知することができます。

表情や声、体の変化などを五感で感じ取り、相手の状況に合わせて対応を変えていきます。

 

僅かな変化を感じながら接すると、それが相手の方にも伝わりすぐに仲良くなるということもあります。

空気を読みたくない時にも読んでしまうのが悩みの種でもあります😅
僧侶

 

繊細すぎる人の強み2:思いやりを持って相手に寄り添うことができる

人の気持ちを察知することができるため、相手の状況を鑑みて接することができる

上からではなく下から寄り添う形で話しかけたり、勇気づけをし徐々に相手の不安を取り除いていきます。

 

相手の方が落ち込んでいる時こそ、繊細すぎる人の思いやりの気持ちが必要とされます。

 

繊細すぎる人の強み3:誰とでも平等に接することができる

どんな人に対しても優しく平等に接することができます。

学生の時に番長のような人や虐められている人がいたとしても、どちらにも仲良く接することができる人です。

 

人によって態度を変えることがなく、平等に接することができるのは強みになります。

 

繊細すぎる人の強み4:共感力が高く、人の痛みがわかる

周りの空気を読んだり、相手の気持ちを察知することができるため、自分ごとのように相手のことを共感することができます。

自分ごとのように捉えることで、人の痛みもわかるようになり、優しく接することができるようになります。

 

何か悩み事があった時に話を聞いてもらいたいなと思える人が繊細すぎる人です。

 

繊細すぎる人の強み5:細かいところによく気がつく

細かい変化によく気が付くのは人のことだけではなく、仕事の業務でも現れてきます。

例えばイベント会場などで椅子を並べる時に、キチンとずれることなく並んでいるか、配置は問題ないかなどもよく見ています。

周りの人の状況もよく見えるため、忙しそうにしているところにも率先して手伝いに行くことができます。

 

 

繊細すぎる人が持っている5つの弱み

繊細すぎる人が持っている5つの弱み

繊細すぎる人は5つの弱みを持っています。

繊細すぎる人の5つの弱み

  1. 刺激に機敏で疲れやすい
  2. 相手にどう思われているか気になる
  3. 傷つきやすい
  4. 人前で仕事をするのが苦手
  5. 特定の人に対して毛嫌いしてしまうことがある

 

繊細すぎる人の弱み1:刺激に機敏で疲れやすい

周りの人の変化に気づきやすいということは、敏感な性格でもあるということになります。

通常はそこまでのことではないようなことでも、繊細すぎる人には刺激が強すぎて疲れてしまうということが起きてしまいます。

 

繊細すぎる人の弱み2:相手にどう思われているか気になる

周りの空気が人よりも読める分、周りの人の自分に対するちょっとした変化にも気づきます。

その変化の先にある相手の気持ちがどう思われているのかが気になったりします。

 

繊細すぎる人の弱み3:傷つきやすい

繊細であるため、相手の言動一つをとっても人よりも傷つきやすい面があります。

そのため刺激が強い人とは距離を取ったりすることで影響をできるだけ受けないようにするということも必要になってきます。

 

繊細すぎる人の弱み4:人前で仕事をするのが苦手

1対1で人に寄り添うことは得意としていますが、大勢の人の前で話をしたり、人を引っ張っていく役割は苦手としています。

できるだけ目立ちたくないので、人前には立ちたくないですね・・・
僧侶

多くの人に1度に影響を与えるよりも、一人一人に親身になって対応する方が向いています。

 

繊細すぎる人の弱み5:特定の人に対して毛嫌いしてしまう

自分自身は相手の気持ちに寄り添ったり、感じ取ることができる分、相手の方にも同じことを求めてしまうことがあります。

全く自分とは正反対な人に対しては敵対意識を持ち、毛嫌いしてしまうことも出てきたりしてしまいます。

 

 

繊細すぎる人に向いている仕事の特徴5選

繊細すぎる人に向いている仕事の特徴5選

繊細すぎる人に向いている仕事には5つの特徴があります。

繊細すぎる人に向いている仕事の特徴5選

  1. 人の心や体のケアをする仕事
  2. 1対1で接する仕事
  3. 動物や自然に関わる仕事
  4. 正確さが求められる仕事
  5. 変化が少ない仕事

 

繊細すぎる人に向いている仕事の特徴1:人の心や体のケアをする仕事

人の小さな変化を察することができるため、人に対して癒していく仕事に向いています。

人の心に寄り添うこともそうですが、お体が不自由な方に対しても優しく丁寧に接することができます。

 

繊細すぎる人に向いている仕事の特徴2:1対1で接する仕事

人に寄り添うことができるため、大人数を1度に相手にするよりも、1対1で親身になって接する仕事の方が向いています。

一人の相手に集中することで、悩みを和らいだり、元気付けたりしていくことができます。

 

繊細すぎる人に向いている仕事の特徴3:動物や植物に関わる仕事

人だけではなく動物や植物などに対しても優しく接することができます。

人は話をすることができますが、動物や植物は日々の状況を鑑みながらサポートしていく必要があります。

僅かな変化にも気付くことができるので、些細な反応をも察知することができます。

 

繊細すぎる人に向いている仕事の特徴4:正確さが求められる仕事

細かいところにも目を配ることができるため、正確さが求められる仕事でも力を発揮することができます。

順序正しく物事を進められるので、やり方がすでに決まっている仕事だとその通りに実行していきます。

JUNICHI
思い浮かべたものを実際に形にしていったり、予定通りに物事を進めていく人がいて始めて仕事が成り立っていきますね

 

繊細すぎる人に向いている仕事の特徴5:変化が少ない仕事

新しいことを始めたり、やり方が急に変わる仕事は苦手としているため、同じことを繰り返すような変化が少ない仕事に向いています。

実行力という強みもあるので変化が少なければ少ないほど正確に物事を進めていきます。

 

 

繊細すぎる人に向いている仕事5選

繊細すぎる人に向いている仕事5選

繊細すぎる人にオススメの仕事を5つ紹介します。

繊細すぎる人に向いている仕事5選

  1. 看護師、介護士
  2. 心理カウンセラー
  3. コーチング
  4. 獣医・動物看護師
  5. 電気機器の製造業

 

繊細すぎる人に向いてる仕事1:看護師、介護士

繊細すぎる人は人の相手をすることが得意なため、看護師や介護士のように人のお世話をする仕事に向いています。

優しく接すると相手の方も気持ちを開いてくれるようになり笑顔が自然と増えていきます。

笑顔が増えると周りの人にも広がっていき良い循環を作り出すことができます。

 

繊細すぎる人に向いてる仕事2:心理カウンセラー

心が病んでいたり、落ち込んでいたりする人はなかなか心を開いてくれません。

繊細すぎる人は相手のことを自分ごとのように汲み取りながら接することができるため、徐々に信頼関係を築くことができます。

相手の状況に合わせて悩みを共に解決していく心理カウンセラーのような仕事で力を発揮していきます。

 

繊細すぎる人に向いてる仕事3:コーチング

相手の方の状況に合わせて的確な質問をしていくコーチングの仕事にも向いています。

コーチングもまずはクライアントの方との関係性を築いていくことがとても大事です。

相手の状況を汲み取りながら、次の一歩を進めるために支援していくことができるのも繊細すぎる人の強みです。

JUNICHI
心理カウンセラー同様、相手の状況に合わせて導いていく仕事が適しています

 

繊細すぎる人に向いてる仕事4:獣医・動物看護師

人だけではなく動物に対しても優しく接していく獣医や動物看護師の仕事で活躍している人もいます。

生き物が大好きな方も多く、動物の状況に合わせて解決策を親身になって考えていくことができます。

 

飼い主の方もペットのことをよく考えてくれる方にお願いしたいので、きちんと説明してくれる世話好きな方に合っている仕事です。

 

繊細すぎる人に向いてる仕事5:電気機器の製造業

電気機器のように組み立て方がすでに決まっている仕事では黙々と作業を進めることができます。

同じ作業を繰り返し行うことが苦手な方もいらっしゃいますが、繊細すぎる人は苦になりません。

目の前のことに集中してじっくり行うことができるので機械の組み立てのような仕事に向いています。

 

 

繊細すぎる人に向いていない仕事5選

繊細すぎる人に向いていない仕事5選

繊細すぎる人に向いていない仕事の特徴を5つ紹介します。

繊細すぎる人に向いていない仕事の特徴5選

  1. ノルマや売り上げ目標がある仕事
  2. スピードが求められる仕事
  3. 大勢の方と相手にする仕事
  4. 人の上に立つ仕事
  5. クリエイティブな仕事

 

繊細すぎる人に向いてない仕事の特徴1:ノルマや売り上げ目標がある仕事

繊細すぎる人にとって営業などノルマや売り上げ目標がある仕事では求められることにハードルの高さを感じてしまうことがあります。

頼まれると断れない性格でもあるため、自分の中に一人で抱え込んでしまい大きなストレスとなってしまいます。

高い目標ではなく小さい目標を少しずつこなしていく仕事の方がやりやすいです。

 

繊細すぎる人に向いてない仕事の特徴2:スピードが求められる仕事

スピード力が求められる仕事ではどうすればいいかわからずあたふたしてしまったりすることがあります。

元々ゆっくり物事を考える傾向であるため、スピードよりも正確性が求められる仕事で力を発揮します。

JUNICHI
スピードダッシュ派というよりはじっくり物事を進める派ですね!

その場その場で瞬時の判断力が求められる仕事は苦手としています。

 

繊細すぎる人に向いてない仕事の特徴3:大勢の方を相手にする仕事

一人一人に対応することは得意なのですが、一度に大勢の方を相手にするような仕事は苦手としています。

例えば大勢の人の前で話をしたり、多くの人を巻き込んで行っていくことは難しいと感じてしまいます。

 

繊細すぎる人に向いてない仕事の特徴4:人の上に立つ仕事

リーダーや管理職のように人の上に立って引っ張っていく役割は得意としていません。

一人一人親身になって二人三脚でサポートしていく方が強みを活かせるため、前からというよりは後ろからサポートする役割の方がやりやすかったりします。

 

繊細すぎる人に向いてない仕事の特徴5:クリエイティブな仕事

五感力が優れているため人の気持ちを読み取ることは得意としていますが、創造力が求められるクリエイティブな仕事は得意とはしていません。

クリエイティブな仕事は創造力はもちろんのこと、直感力も必要なため、じっくり考え込んでしまう繊細すぎる人には向いていません。

 

 

繊細すぎる人のタイプの活かし方は五感を活用すること

繊細すぎる人のタイプの活かし方は五感を活用すること

強みを生かし方がわかると本来苦手としていることだったとしても、自分に合ったやり方を見つけることで成果を出していくことができます。

今回はもともと苦手としているリーダー役として仕事をしなければならない時に、どう強みを生かしていけばいいかについてお伝えします。

 

繊細すぎる人は周りの状況を五感で感じ取り、今何が求められているのか、次に何をやるべきかを瞬時に読み取ることができます。

 

そのためリーダーとして人を引っ張っていくことはできなくても、一人一人のサポート役に徹したり、計画を立ててじっくり行うことはできます。

事前にやるべきことをまとめ上げ、一人一人の役割を事前に伝えていくことで計画通りに進んでいるかをチェックしながら進めていくことができます。

先頭に立つのではなく、一人一人に気をかけながら進めていく方がやりやすいですね!
僧侶

 

一般的にリーダーというのは先頭に立つのを思い浮かべますが、戦略を立ててその通りに実行しながら進めていくというリーダーの方もいらっしゃいます。

自分自身がどんな強みを持っているかを認識し、それを今求められている役割でどのように生かしていけばいいかを考えていくことが大事になってきます。

 

繊細すぎる人はウェルスダイナミクスのタイプ分けで言うとテンポタイプの方が当てはまります。

ウェルスダイナミクスのテンポタイプが向いている適職は?
参考ウェルスダイナミクスのテンポタイプ(体感型)に向いている適職は?

続きを見る

 

また、40個の副業の中でどれが自分に向いてるかがわかる「40個の副業を徹底分析!4つのタイプ別向いている副業一覧」を無料プレゼントしています。

自分のタイプに合った副業を知りたい方はご覧ください

無料プレゼントはこちら

 

まとめ

今回は繊細すぎる人に向いている適職についてお伝えしました。

強みは人によって生まれながらにそれぞれ持っています。

その強みを認識することで、ご自身がどんな仕事に向いているかが見えてきます。

繊細すぎる人に向いている仕事5選

  1. 看護師、介護士
  2. 心理カウンセラー
  3. コーチング
  4. 獣医・動物看護師
  5. 電気機器の製造業

 

また、強みを生かした自分のやり方がわかると、目の前の仕事でどうやって成果を出していけばいいかも見えてきます。

自分だけの強みを見つけることができれば大きな武器にしていくことができるのです。

ぜひご自身の強みは何かを考えてみてください!

 


会社員のやりたいことの見つけ方
  • この記事を書いた人

JUNICHI

■会社員と副業の2足の草鞋を履く複業サラリーマン □学びながらお金を得る副業を推奨&実践中 ■札幌にて妻、子二人、犬の4人+1匹で暮らしている □WDコンサルタントの資格を保有

-適職
-, , ,

© 2022 複業クエスト Powered by AFFINGER5