人脈

交友関係・人脈は「広く浅く」or「狭く深く」?副業で有効なのはどっち?

2023年6月9日

交友関係・人脈は「広く浅く」or「狭く深く」?副業で有効なのはどっち?
交友関係は広く浅く作った方がいいのか、それとも狭く深く作った方がいいのかな?
戦士
JUNICHI
どちらにも得られるメリットとデメリットがあるので、それぞれを見比べた上で判断していく必要がありますね!

 

今回は下記の質問についてお答えしていきます。

  • 交友関係を「広く浅く」作るメリットは?
  • 交友関係を「狭く深く」作るメリットは?
  • 副業で有効なのはどっち?

 

質問に対する答えは下記です。

交友関係は「広く浅く」「狭く深く」どっち?

  • 「広く浅く」のメリットは横の繋がりが広がること
  • 「狭く深く」のメリットは本音で話せる人ができること
  • 最終的には深い関係性を構築した方が副業のチャンスは舞い込みやすい

 

これから副業を始めよう、さらにビジネスを拡大していこうと考ると、人との関係性を構築していくことが重要になってきます。

人によって人間関係を構築する際は無意識に「広く浅く」作る人も入れば、「狭く深く」作る人もいます。

人との関係性を構築するのが得意なのか苦手なのかにもよるし、何に重点を置いているのかによっても変わってくるところがあります。

 

交友関係を「広く浅く」作ったときに得られるメリットは横の繋がりが広がることです。

交友関係を「狭く深く」作ったときに得られるメリットは本音で話せる人ができることです。

 

そして交友関係を副業で活かしていく際には「狭く深く」関係性を構築した方がチャンスが得やすくなります。

今回はそれぞれのメリット・デメリットを客観的に見つつ、副業やビジネスをしていく中で交友関係についてどう考えていけばいいのかについてお伝えしていきます。

 

Contents
  1. 交友関係「広く浅く」のメリットは、横の繋がりを広げていくことができる
    1. 交友関係「広く浅く」のメリット1:情報の多角的な取得
    2. 交友関係「広く浅く」のメリット2:ネットワーキングの機会の拡大
    3. 交友関係「広く浅く」のメリット3:多様な視点の獲得
    4. 交友関係「広く浅く」のメリット4:社会的なつながりの拡大
    5. 交友関係「広く浅く」のメリット5:プライベートの幅が広がる
  2. 交友関係「広く浅く」のデメリットは、関係性が簡単に切れること
    1. 交友関係「広く浅く」のデメリット1:表面的なつながり
    2. 交友関係「広く浅く」のデメリット2:情報の信頼性の欠如
    3. 交友関係「広く浅く」のデメリット3:時間やエネルギーの散漫化
    4. 交友関係「広く浅く」のデメリット4:継続的なサポートの欠如
    5. 交友関係「広く浅く」のデメリット5:関係の維持の困難さ
  3. 交友関係「狭く深く」のメリットは、本音で話せる人ができること
    1. 交友関係「狭く深く」のメリット1:長期的な信頼関係の構築
    2. 交友関係「狭く深く」のメリット2:相互サポートの強化
    3. 交友関係「狭く深く」のメリット3:オープンなコミュニケーション
    4. 交友関係「狭く深く」のメリット4:影響力の集中
    5. 交友関係「狭く深く」のメリット5:高品質なつながりの享受
  4. 交友関係「狭く深く」のデメリットは、亀裂が入ると修復が難しいこと
    1. 交友関係「狭く深く」のデメリット1:社会的な多様性の欠如
    2. 交友関係「狭く深く」のデメリット2:情報の制約
    3. 交友関係「狭く深く」のデメリット3:異質な視点の不足
    4. 交友関係「狭く深く」のデメリット4:社会的な孤立感
    5. 交友関係「狭く深く」のデメリット5:依存性のリスク
  5. ビジネスに繋げていく際には広く繋がってから深い関係性を構築していく
  6. まとめ

交友関係「広く浅く」のメリットは、横の繋がりを広げていくことができる

交友関係「広く浅く」のメリットは、横の繋がりを広げていくことができる

人との関係性を「広く浅く」作ると、横の繋がりを広げていくことができます。

本業の職場でも、副業の場であったとしても身近に気軽に話をすることができる人がいるということは心に安心感を与えてくれます。

 

例えば会社で飲み会があった時に、あなたの隣に座った人がこれまでに話をしたことがある人であれば、仕事やプライベートの話など、いろいろとお話をすることができます。

たまに会って話をするからこそ、今まで以上に相手のことがよくわかり、親近感が湧いたりします。

 

これは会社の中だけではなく、会社の外でも同じことが言えます。

顔が広い人だと様々な場面で良好な関係性を構築していることが多いので、いろんな面でメリットが得られます。

 

主に交友関係を「広く浅く」構築すると下記の5つのメリットがあります。

「広く浅く」構築するメリット

  1. 情報の多角的な取得
  2. ネットワーキング拡大の機会
  3. 多様な視点の獲得
  4. 社会的な繋がりの拡大
  5. 興味や趣味を経験する機会が増える

 

交友関係「広く浅く」のメリット1:情報の多角的な取得

広い交友関係を構築すると、様々な人から情報を得ることができます。

異なる背景や経験を持つ人々との交流によって、幅広い視野や知識を得ることができます。

 

それにより、新しいアイデアや情報を入手し、自己成長や問題解決に役立てることができます。

これから副業を始めようと思うんだけど、最初はブログやSNSの発信から始めたらいいのかな?
戦士
JUNICHI
副業をしていく際にはまずは経験を得る必要があるから、自分の価値の明確化や学ぶ機会を得るために会社外の人と繋がる機会を作るといいよ!

 

交友関係「広く浅く」のメリット2:ネットワーキングの機会の拡大

広く人脈を持つことで、ビジネスやキャリアの機会が広がります。

自分の専門性以外の人と多く接することで、新たなビジネスパートナーや仕事の紹介者と出会う可能性も高まります。

 

また、異なる人々との交流を通じて、新たなプロジェクトやビジネスのチャンスを見つけることもできます。

〇〇というビジネスを始めるにあたって動画や音声配信をしていこうと思うんだけど、編集作業をできる人知らないかな?
魔物使い
JUNICHI
僕も過去に動画編集や音声編集をしたことがあるのでお手伝いできるかもしれません。詳しい中身を教えてください!

 

交友関係「広く浅く」のメリット3:多様な視点の獲得

様々な人と出会うことで、多様な視点を獲得することができます。

いろんな分野や高い視野を持っている人と接触することによって、自身の偏りや固定観念を乗り越え、より柔軟な思考や対応力を養うことができます。

JUNICHI
一つの仕事のみをしていると、どうしても視野が狭くなってしまうので、いろんな人たちに会うことで自分の視野を広げていくことができますね!

 

交友関係「広く浅く」のメリット4:社会的なつながりの拡大

様々な人たちと関わるようになると、社会的なつながりが広がります。

 

特に会社員の場合は家と会社の往復になり、接する人が限定的に陥りやすいです。

会社外のいろんな人たちと繋がっていれば、会社の仕事の悩みやプライベートを充実していくことができるようになります。

特に会社での相談話は、社内の人だからこそできることもあれば、社外の人だからこそ相談できることもありますよね!
僧侶

 

交友関係「広く浅く」のメリット5:プライベートの幅が広がる

広く浅い交友関係を持つことで、プライベートで楽しむ際の選択肢の幅が広がります。

 

多くの人々とのつながりを通じて、興味や趣味に関連するイベントや活動に参加する機会が増えます。

それにより、より充実した日々を楽しむことができます。

休日が充実すれば、仕事に取り組む意欲も高めていくことができますね!
魔法使い

 

交友関係「広く浅く」のデメリットは、関係性が簡単に切れること

交友関係「広く浅く」のデメリットは、関係性が簡単に切れること

「広く浅く」の関係性だと、簡単に繋がりを作っていくことはできますが、すぐに関係性が切れてしまうというデメリットもあります。

何かのプロジェクトをチームで組んで一緒にやることになった時は毎日のように顔を合わせていたかもしれませんが、プロジェクト自体が終わると一緒のチームの人と会う機会がなくなってしまいます。

 

深い関係性を構築していれば、その後も定期的に会うという話になると思いますが、浅い関係性だとそのまま切れてしまうことがほとんどです。

交友関係が「広く浅く」だと、すぐに関係性を構築しやすいのと同時に、すぐに関係性が切れやすいという欠点もあります。

 

主に交友関係を「広く浅く」構築すると下記の5つのデメリットがあります。

「広く浅く」構築するデメリット

  1. 表面的な繋がり
  2. 情報の信頼性の欠如
  3. 時間やエネルギーの消費
  4. 継続的なサポートが得られにくい
  5. 関係の維持が困難

 

交友関係「広く浅く」のデメリット1:表面的なつながり

相手とのつながりが表面的なものになりやすいです。

多くの人と接触する機会が多くなると、深い関係を築く時間や労力をかけることが難しくなったりもします。

 

その結果、相手とのつながりが希薄で、信頼感や親密さが欠けることがあります。

表面的なつながりは構築しやすく、切れやすいという特徴がありますね・・・
魔法使い

 

交友関係「広く浅く」のデメリット2:情報の信頼性の欠如

浅い関係だと、情報の信頼性が欠如する可能性があります。

 

多くの人々とのつながりがあるため、情報の正確性や信頼性を確認することが難しくなります。

虚偽の情報や噂が広まる可能性も高くなるため、情報の取捨選択が重要になります。

入ってくる情報を全て鵜呑みにするのではなく、どれが正しい情報なのかを見極める目を身につける必要がありそうですね・・・・
僧侶

 

交友関係「広く浅く」のデメリット3:時間やエネルギーの散漫化

広い関係性を維持するためには、多くの人々との接触や交流に時間やエネルギーを費やす必要があります。

そのため、自分自身の時間管理やパーソナルな関係に十分なリソースを割くことが難しくなる場合があります。

JUNICHI
特に会社員の方の場合、プライベートの時間が限られてくるのでどこに重点を置くかが重要になりますね!

 

結果として、自己の成長や深い関係の構築において限られた時間やエネルギーしか割けなくなるということが起きてきます。

 

交友関係「広く浅く」のデメリット4:継続的なサポートの欠如

継続的なサポートを受けることが難しくなりやすいです。

一時的な助けやアドバイスは得られるかもしれませんが、深い関係や相互の信頼が欠如しているため、長期的なサポート体制の構築が難しいことがあります。

せっかく築いた関係性なのに、お互いにとってより良い関係性を続けていくことができないのはとても勿体無いことですね
戦士

 

交友関係「広く浅く」のデメリット5:関係の維持の困難さ

多くの人々とのつながりを維持することが困難になる場合があります。

人は誰しもが1日24時間しか時間を割くことができません。

 

多くの人と繋がれば繋がるほど、その分一人一人にかけられる時間は限られてしまいます。

限られた時間を誰との関係性を構築する際に時間を避けばいいかは、自分の人生の目的を明確にすることで解決できます。

やりたいことがわからない人は、5つの方法で人生の目的を見つける
参考やりたいことがわからない人は、5つの方法で人生の目的を見つける

続きを見る

 

交友関係「狭く深く」のメリットは、本音で話せる人ができること

交友関係「狭く深く」のメリットは、本音で話せる人ができること

人との関係性を「狭く深く」作ると、信頼がある人にだけできる話をすることができます。

それは自分自身が悩んでいることの相談話かもしれませんし、一緒にビジネスを始めるためのコラボ的な話かもしれません。

 

どちらにしろまだ相手のことがよくわからなかったり、自分とは合わないなと思うような人には決してしないことです。

副業でより良い関係性を構築できるようになると、直接の仕事のお願いや仕事の紹介などが舞い込んでくるようになります。

それは双方が深い関係性を構築できているからこそ、信頼しているからこそ、仕事の依頼にも繋がるようになっていくのです。

 

主に交友関係を「狭く深く」構築すると下記の5つのメリットがあります。

「狭く深く」構築するメリット

  1. 長期的な信頼関係の構築
  2. 相互サポートの強化
  3. オープンなコミュニケーション
  4. 影響力を集中させる
  5. 高品質な繋がりの享受

 

交友関係「狭く深く」のメリット1:長期的な信頼関係の構築

深い交友関係を築くことで、長期的な信頼関係を構築することができます。

限られた人数の友人や知人とのつながりを重視することで、お互いのニーズや関心事に対してより深く理解し、助け合う関係を築くことができます。

戦士
実は今こんな悩みを持っているので相談に乗ってほしい・・・
それは大変だね!その悩みを解決するためにみんなで集まろう!
魔物使い
今週の夜であれば大体合わせられるよ!
僧侶

 

より良い関係性を構築していれば、すぐに駆けつけてくれる人がいるのでいざという時に助けてもらうことができます。

 

交友関係「狭く深く」のメリット2:相互サポートの強化

狭く深い交友関係では、相互のサポート体制を強化することができます。

互いに支え合い、困難な時に助け合うことができるため、心理的な安定や物理的な援助を受けることができます。

JUNICHI
ここから新たなビジネスチャンスを得る機会も出てきたりします!

 

交友関係「狭く深く」のメリット3:オープンなコミュニケーション

狭い範囲の交友関係では、オープンで深いコミュニケーションを築くことができます。

お互いの意見や感情を率直に共有し、より深いつながりを育むことでさらに良い関係を築くことにも繋がります。

 

これにより、自己開示や情報の共有が増え、より良い相互理解が生まれていきます。

JUNICHI
普段は言えないことを言い合ったり、濃い時間を過ごすことで信頼関係は構築されていくんですね!

 

交友関係「狭く深く」のメリット4:影響力の集中

深い交友関係を持つことで、相手に対する影響力を集中させることができます。

限られた人々との関係を重視することで、お互いの考えや行動に対してより強い影響を与えることにも繋がっていきます。

JUNICHI
この人と仲良くなりたい、一緒にビジネスをしていきたいと考えているなら、相手の方に何ができるかをまずは考えるところから始めるといいですね!

 

相手の方に何が価値提供できるかは下記のページで明確にすることができます。

ウェルスフィットネスは自分軸を整える6つの内に秘める価値
参考ウェルスフィットネスは自分軸を整える6つの内に秘める価値

続きを見る

 

交友関係「狭く深く」のメリット5:高品質なつながりの享受

狭く深い交友関係では、より高品質なつながりを享受することができます。

限られた時間を誰と過ごすかがとても重要になってきます。

 

ビジネスをしていく中では、”誰”と一緒にいる時間を過ごすと成長に繋がるか、ビジネスのチャンスが得られやすいかに目を向けることが重要です。

 

交友関係「狭く深く」のデメリットは、亀裂が入ると修復が難しいこと

交友関係「狭く深く」のデメリットは、亀裂が入ると修復が難しいこと

より良い関係性を構築していると、何でも気軽に話せるようになる分、相手の懐にどんどん入りすぎてしまうということも起きがちです。

何でも言い合える存在だからこそ、踏み込みすぎてしまい関係性が一気に壊れてしまうということもあります。

浅い関係性であれば、そこまで深い関係でもないため、ある程度のことは修復できるかもしれません。

 

しかし、深い関係性を持っている人同士がぶつかって関係性が壊れてしまうと、なかなか修復することが難しくなってしまいます。

より良い関係性を構築しているからこそ、相手が大事にしていることを尊重しながらより良い関係を継続していくことが求められます。

 

主に交友関係を「狭く深く」構築すると下記の5つのデメリットがあります。

「狭く深く」構築するデメリット

  1. 社会的な多様性の欠如
  2. 情報の制約
  3. 異質な視点の不足
  4. 社会的な孤独感
  5. 依存性のリスク

 

交友関係「狭く深く」のデメリット1:社会的な多様性の欠如

自身の社会的な視野が狭まる可能性があります。

同じようなバックグラウンドや興味を持つ人々との関係が中心になるため、異なる意見や視点に触れる機会が減少します。

 

これによって、新たなアイデアや情報に触れる機会が制限される可能性があります。

だからこそ”誰”と繋がるかがとても重要になってくるんですね!
魔物使い

 

交友関係「狭く深く」のデメリット2:情報の制約

繋がっている人が限られてくると、情報の制約が生じることがあります。

限られた人々との関係が重視されるため、他の人々やグループからの情報やニュースを逃す可能性があります。

 

幅広い情報源に触れることができないため、新たなトレンドや機会を見逃すリスクもあります。

 

交友関係「狭く深く」のデメリット3:異質な視点の不足

異質な視点が不足することがあります。

限られた人々との関係を築くことが重視されるため、異なるバックグラウンドや経験を持つ人々の意見やアイデアに触れる機会が減少します。

 

これにより、自身の視野が狭まり、新たな視点や刺激を受ける機会が制限される可能性があります。

あくまでも人から得られる情報はヒントとして捉える必要があり、自分の軸をきちんと確立しておくことが欠かせません

会社が社員に求めるのは能力、スキルよりも自分軸を持った人
参考会社が社員に求めるのは能力、スキルよりも自分軸を持った人

続きを見る

 

交友関係「狭く深く」のデメリット4:社会的な孤立感

会社員のように会社の中のみの繋がりしかなかったりすると、社会的な孤立感が生じる可能性があります。

限られた人々との関係に偏りが生じるため、他の人々との交流や新たなつながりを築く機会が制限されることもあります。

 

これによって、社会的な支持や関係の不足を感じることがあるかもしれません。

会社と家以外の第3の居場所を自ら作っていくことが重要ですね!
戦士

 

交友関係「狭く深く」のデメリット5:依存性のリスク

狭く深い交友関係では、特定の人々に過度に依存するリスクがあります。

深い関係を築くことで、その人々からのサポートや影響を強く受ける傾向が生じることがあります。

 

その結果、自身の意思決定や行動が制約され、自律性が失われてしまうという可能性も出てきます。

JUNICHI
だからこそ自分の身をどこに置くべきかをキチンと考える時間も持つことが重要です。

 

ビジネスに繋げていく際には広く繋がってから深い関係性を構築していく

ビジネスに繋げていく際には広く繋がってから深い関係性を構築していく

自分のビジネスを広げていくことを考えると、広い関係性を構築した方がチャンスが得られる機会が増えるのではないかと思うのではないでしょうか。

たしかにより多くの人と繋がっている方がいろんな機会が舞い込んでくることもあります。

 

でも仕事をお願いしたり、誰と一緒に組もうか模索している人からすると、誰にお願いしたら間違いないだろうかと考えるはずです。

お金を払って商品を買うにしろ、より良いパートナーを探している人にしろ、共通していることは信頼です。

 

人は信頼できる人に仕事をお願いします。

つまりよほど有名な人や実績がある人ではない限り、相手のことをよく知って「この人なら信頼できる」という人に仕事は流れていくようになります。

ウェルスネットワークはビジネスに欠かせない人脈の作り方
参考ウェルスネットワークはビジネスに欠かせない人脈の作り方

続きを見る

 

特にこれからビジネスを始めるという人は知名度もなければ、実績もまだありません。

でも普段からより良い関係性を築くように接していると相手の方から仕事をお願いしたいと声がかかるようになっていきます。

 

提供できる価値ももちろん大事ですが、あなたにお願いしたいと思ってもらえるような人になることもとても重要なことです。

そのため最初は広く浅く繋がり、その中でもより良い関係性を構築していきたい人が見つかったら、その人との関係性を深めていくことに時間を投資していくと流れがいいです。

 

まとめ

今回は「交友関係・人脈は「広く浅く」それとも「狭く深く」?副業で有効なのはどっち?」についてお伝えいたしました。

交友関係を「広く浅く」構築すると、多くの人と繋がっていることにはなりますが、ビジネスという視点に立って考えてみると人脈になっているかというとそうではない場合があります。

 

人脈というのはお互いにとって助け合う存在でもあるため、何でも話すことができる友人のような関係性です。

交友関係を「狭く深く」構築すると、繋がっている人の人数は少ないかもしれませんが、いざという時に相談することができたり、この人なら信頼できるからお仕事をお願いしようという人も出てきます。

 

その際は「誰」と繋がるべきかを事前に決めておくと、限られた時間やお金を有効的に活用していくことができるのでオススメです。

このブログでは人との関係を構築していく際に必要なことをお伝えしていますので、他のページも是非ご覧ください。

 

  • この記事を書いた人

JUNICHI

■会社員と副業の2足の草鞋を履く複業サラリーマン □会社では副部長、副業ではこれから副業を始めたい方の支援を行なっている ■札幌にて妻、子二人、犬の4人+1匹で暮らしている □WDコンサルタントの資格を保有

-人脈
-, , ,

© 2024 複業クエスト Powered by AFFINGER5