ウェルスダイナミクス

ウェルスネットワークはビジネスに欠かせない人脈の作り方

2021年3月28日

ウェルスネットワークはビジネスに欠かせない人脈の作り方
ウェルスのコンテンツの一つにウェルスネットワークっていうのがあるんだけど、ネットワークって何?
僧侶
JUNICHI
ネットワークは人脈作り、つまり「富の人脈作り」をするコンテンツになります。
人と繋がるのが苦手なんだけど、それでも活用できるのかな?
戦士
JUNICHI
僕も初めてお会いする方と仲良くなるのに時間がかかります。 そんな僕でも人との繋がりで人生が変わったので大丈夫ですよ!

 

ウェルスダイナミクスを知っている方は多くいらっしゃいますが、他のコンテンツのことはどうでしょうか?

ウェルスには4つのコンテンツがあり、そのうちの一つがウェルスネットワークです。

 

会社の中で力を発揮する、副業や起業で結果を出していくためにはこのコンテンツを活用することが欠かせません。

そこで今回はウェルスネットワークに関する下記の質問に答えていきます。

  • ウェルスネットワークとは?
  • 人脈作りのメリットは?
  • 人と繋がることが苦手な人でも大丈夫?

 

これらの質問に対する回答は下記になります。

ウェルスネットワークとは

  • ウェルスネットワークは究極の投資
  • チャンスは人からやってくる
  • 人と繋がることが苦手な人は狭く深く築いていく

 

ビジネスの成長スピードを格段に上げるのがウェルスネットワークです。

一人で何もかも解決しようとしても時間とお金ばかりがかかってしまい前へ進むことができません。

そこに手を差し伸べてくれる人がいると、一気に自分の目的へ近づいていくことができます。

 

それでは見ていきましょう!

ウェルスネットワークはビジネスに欠かせない人脈の作り方

ビジネス、仕事に欠かせない人脈の作り方「ウェルスネットワーク」

ウェルスには4つのコンテンツがあります。

ウェルス の4つのコンテンツ

・ウェルスダイナミクス

・ウェルススペクトル

・ウェルスフィットネス

・ウェルスネットワーク

 

多くの人が知っているのがウェルスダイナミクスです。

ウェルスダイナミクスは自分が誰なのかを教えてくれます。

自分の強み、成功戦略を知るウェルスダイナミクスとは何か
参考自分の強みとビジネス戦略を知るウェルスダイナミクスとは何か?

ウェルスダイナミクスってそもそも何?どんなところで活用できるの?魔物使い JUNICHIウェルスは主にビジネスでも使えるし、コミュニケーションツールとしても活用できますよ!   ウェルスダイ ...

続きを見る

 

ウェルススペクトル自分がどこにいるのかを教えてくれます。

自分の現在地を知ることで、目的地まで進むステップを明確にしてくれます。

ウェルススペクトルとは?ダイナミクスよりも重要な理由
参考ウェルススペクトルとは?ダイナミクスよりも重要な理由

ウェルスのコンテンツの一つにスペクトルっていうのがあるよね。 スペクトルとダイナミクスの違いってなんなの?戦士 JUNICHIウェルスといえばダイナミクス、つまりプロファイルだよねという認識の方が多い ...

続きを見る

 

ウェルスフィットネス富の筋力作りです。

あなたの価値を明確にし、これから何を築いていけばいいかを教えてくれます。

ウェルスフィットネスは自分軸を整える6つの内に秘める価値
参考ウェルスフィットネスは自分軸を整える6つの内に秘める価値

WDのコンテンツの一つにウェルスフィットネスっていうのがあるんだけど、フィットネスって何?魔法使い JUNICHIフィットネスは筋力作り、つまり「富の筋力作り」をするコンテンツになります!僕が一番思い ...

続きを見る

 

ウェルスネットワーク富のネットワーク作りです。

あなたが繋がるべき人と繋がるべきではない人を明確にし、富の人脈作りをしていきます。

 

そして富を築いていく際には明確な順番があります。

富を築く順番

1、ウェルスフィットネス

2、ウェルスネットワーク

3、ウェルスダイナミクス

※ウェルススペクトルは必要に応じて活用

 

ウェルスフィットネスであなたが提供できる価値が明確になったら、次にやるべきことは富の人脈作りです。

価値を活用する場や必要としている人に繋がる際にこの富の人脈が必要になってきます。

 

価値があってもそれを活用する場所や人と繋がっていないと何も役に立ちません。

価値を作ったらまずはその価値を求めているところと繋がる、その際に必要となるのが人との繋がりです。

 

ウェルスネットワークは究極の投資

ウェルスネットワークは究極の投資と言われています。

なぜ究極の投資なのでしょうか?

 

一般的に投資というと、株式投資、不動産投資などがありますが、これらの投資をすると少なからずリスクが存在します。

投資はお金をかけた分だけ増えることもあれば、減ることもありますよね。

 

でも人脈は使えば使うほど、どんどん価値の輪が広がっていくという性質を持っています。

人脈を使えば使うほど、どんどん広がっていくから究極の投資と言われているのです。

 

僕が開催していた講座に参加しいただいた方から富のネットワークが広がっていったということもありました。

JUNICHI
本日は講座に参加していただきありがとうございました!
こちらこそ、素敵な学びをありがとうございました(^^) とても勉強になったので私が運営しているコミュニティでも講座を開催してくれませんか?
魔物使い
JUNICHI
そう言っていただいてとても嬉しいです!是非やらせてください^_^
昨日参加した講座どうだった?
魔法使い
すごくよかったよ!とても面白くて勉強になる内容だったから、今度コミュニティ内でも講座をやってもらうから是非参加してみて!
魔物使い
そんなに素敵な講座だったら受けてみようかな(^^)
魔法使い

 

目の前の人に講座という価値を伝えることによって、その内容に共感した人からさらに口コミで価値が広がっていきます。

 

応援してくれる人がいれば、主催者は講座を開催しているだけで必要としてくれる人が勝手に増えていくのです。

ただし、この時に注意しなければならないのが講座自体に価値があるかどうかという点です。

 

講座に魅力がなければ口コミも起きませんし、逆に悪い評判が広がってしまいます。

そのため最初にやるべきはウェルスフィットネスできちんとした価値を作ってからネットワークを活用するという順番が大事になってきます。

 

ビジネスのチャンスは人からやってくる

ビジネスのチャンスは人からやってくる

人脈を作ることの大きなメリットの一つがチャンスは人を通してやってくるという点です。

例えば

  • 新しいプロジェクトに参加する
  • 希望の部署に異動する
  • 身につけたいスキルを経験する場に身を置く

など、これらは自分を引き揚げてくれる人がいるからこそ、その権利を手に入れることができます。

 

頭の中でいくら考えてもチャンスは決して手に入りません。

全部自分で解決しようとして一人で行動しても手に入りません。

 

チャンスはあなたのことに共感し協力してくれる人と繋がっているからこそ手に入れることができます。

 

人もカテゴリー分けするウェルスネットワーク

ネットワークは大きく2つのカテゴリーに分かれます。

  • 富に繋がる「ウェルスネットワーク」
  • 富から遠ざかる「貧困ネットワーク」

 

ウェルスネットワークはさらに3つのネットワークに分けられます。

3つのウェルスネットワーク

  • リソースネットワーク
  • サポートネットワーク
  • 生産ネットワーク

それぞれのネットワークに分けることで、今繋がるネットワークと今は繋がってはいけないネットワークを判断することができます。

 

そして、それぞれの意味は下記になります。

各ネットワークの意味

  • リソースネットワーク=資源を提供してくれるネットワーク
  • サポートネットワーク=富作りに協力してくれるネットワーク
  • 生産ネットワーク=ビジネス自体を直接協力してくれるネットワーク
  • 貧困ネットワーク=富作りを邪魔するネットワーク

 

人をカテゴリごとに分けるとは面白い発想だね!
魔法使い

ネットワーク自体を明確に分けることで、どのネットワークはすでに繋がっていて、どのネットワークはまだ繋がりが足りないのかが俯瞰してみることができます。

 

リソースネットワーク=資源を提供してくれるネットワーク

リソースネットワークの人たちは自分よりも先に行っている人たちが当てはまります。

これまで経験してきたことのアドバイスや失敗しそうなところを事前に教えてくれる人たちです。

 

これからビジネスを行っていく人にとって何もかもが始めての経験になります。

そんな時にビジネスを築く際のアドバイスをしてくれる人が身近にいるととても心強いですよね。

 

サポートネットワーク=富作りに協力してくれるネットワーク

サポートネットワークの人たちは富を築いていく際に実際に動いて協力してくれる人たちです。

ビジネスを行っていく際に必要な人をつなげるお手伝いをしてくれたり、意識の高いライバルとなるような存在もここに当てはまります。

自分が進んでいる道が間違いないことを教えてくれるネットワークでもあります。

 

生産ネットワーク=ビジネス自体に直接協力してくれるネットワーク

生産ネットワークは実際に行っているビジネスを代わりに行ってくれる人たちになります。

会社であればサラリーマンの方々がここに当てはまります。

それぞれのエキスパートが各部署にいることによって、事業を成り立たせていくことができます。

 

貧困ネットワーク=富作りを邪魔するネットワーク

ウェルスネットワークではない、富から遠ざける人たちは貧困ネットワークです。

この人たちは困らせようとしているのではなく善意で行っているが、結果的には富を築くのを邪魔する人たちです。

例えば人の愚痴を言ったり、ストレスを発散するために一緒に飲みに誘ったりする人たちが当てはまります。

ここの人たちとはできるだけ時間を取られないようにすることが必要になってきます。

 

繋がるべきウェルスネットワークと繋がるべきではない貧困ネットワークの違いを明確にしていくことで自分の時間とお金を投資するところが変わってきます。

この部分の意識を変えていくことで、今までとは違うチャンスを得ることができるようになります。

 

ウェルスネットワーク講座ではさらに細かく分類してお伝えしています。

WDの4つのコンテンツが学べるウェルス 1日集中講座については下記をご覧ください。

独自の成功法則を知る
参考「あなた独自の成功法則を知る」ウェルス集中講座

    [keikou]今の仕事だけをしていて、将来生活していけるのだろうかと考えたことはありませんか?[/keikou] ・会社の業績がどんどん落ちていくのを横目に、定年まで働け ...

続きを見る

 

人と繋がることが苦手な人は狭く深く築いていく

人と繋がることが苦手な人は狭く深く築いていく

そもそも人と話をしたり、新たに繋がったりすることが得意ではない人はどうすればいいのでしょう?

JUNICHI
僕自身も初対面の方やあまり話をしたことがない人と仲良くなるまで時間がかかったりします。
異業種交流会や多くの人が集まるような会に参加して人脈を築こうとしても疲れて続きません・・・
お客さん

そんな人にオススメなのは自分が興味ある分野の人と繋がることです。

初対面の人と繋がることが苦手な人でも、自分が好きな分野であれば話をすることができます

 

僕は話す目的が決まっていない世間話をするのが苦痛な人間です。

何を話せばいいのか、興味のない話がいつまで続くのか、沈黙の時間などが嫌なのでできるだけそういう場を避けます。

でも自分が興味があることであれば、自分よりも知識のある人の話だったり、自分の話に興味を持ってくれる人がいれば話をしていても楽しくなります。

 

つまり繋がるべき人は誰でもいいというわけではなく、同じ目的を持っている人や同じ業界の方と深く繋がればいいのです。

そこから少しずつ広がっていったり、深いつながりだからこそ新たなチャンスの話も頂けたりします。

 

人と繋がるのが苦手な人は、自分が好きだったり興味がある分野の人たちと繋がるという事をしてみてください。

 

まとめ

本日は「ウェルスネットワーク」についてお伝えいたしました。

富を築く際にはウェルスフィットネスで自分の価値を明確にし、ウェルスネットワークで価値にレバレッジをかけて広げていきます

 

ネットワークを活用するためには繋がるべきウェルスネットワークと繋がるべきではない貧困ネットワークがあります。

特にサラリーマンの方は本業や家族との時間があるため、使用できる時間には限りがあります。

 

限られた時間を有効活用するためにも、自分が繋がるべき人を明確にして行動していきましょう!

 


会社員のやりたいことの見つけ方

-ウェルスダイナミクス
-, ,

© 2021 複業クエスト Powered by AFFINGER5